チャイルドシートで赤ちゃんが泣く時の対策

チャイルドシートは6歳未満のお子さまを車に乗せて運転するなら義務とされているわけですが、
実際にチャイルドシートに小さなお子さんを乗せるとどうしても泣くので困っているという方も多いでしょう。
小さなお子さまが泣くのはやはりチャイルドシートの乗り心地が悪いということもあるでしょうし、ベルトで締め付けられて身動きが取れないということもあるでしょう。
ある程度泣くのは仕方ないこととは言え、できれば泣かないように対策をしたいところですよね。
言うまでもありませんが、どういう理由で泣く泣かないというのはお子さんそれぞれで違うわけですから、対策と言っても正解はありません。
一番大切なのはなぜ自分のお子さんが泣いてしまうのか、それを確かめることでしょうね。
動けないから泣いているのか、親が横にいないから泣いているのか、それとも座った時にどこかが痛いなどの理由があるのか、
そういった原因がわかれば対策も立てられるというものです。
多いのはやはりそういった動けない状態が我慢できないということでしょう。
多くの人がやっている対策としては赤ちゃんのお気に入りのおもちゃやぬいぐるみを持たせたり、ベルトの部分に付けてあげたりすることですね。

SponsoredLink
カテゴリー: 育児・出産 | チャイルドシートで赤ちゃんが泣く時の対策 はコメントを受け付けていません。

ベビーカーに断熱シート

季節によってベビーカーの中というのは非常に暑かったり、あるいは寒かったりします。
押している人はついついその事を忘れてしまうかもしれませんが、赤ちゃんは気温の変化にも敏感ですから、ちゃんと考えてあげる必要があります。
特に夏にはベビーカーは地面からの照り返しもあってかなりの暑さになってしまいます。
赤ちゃんは汗をかきやすいですし、蒸れやすくなってしまいますから対策が必要です。
一つの方法として断熱シートを利用するという方法があります。
断熱シートを使用すると外側の空気と内側の空気を断熱してくれます。
外側に熱があったとしてもそれを断熱してくれるわけですから暑くなるのを防いでくれます。
空気を断熱することができるということは役に立つのは夏だけではありません。
温かい空気を遮断できるということは、逆に冷たい空気も遮断できるということです。
ですから冬の寒い空気を遮断することもできますし、ベビーカーの内側の温かい熱を外に逃さないということにもなります。
断熱シートは市販の物というのもありますし、マッチするものがなければ自分で作ってしまうという方もいます。
保冷ジェルなどとうまく組み合わせることで暑い夏も上手に乗り切ることができますね。

SponsoredLink
カテゴリー: 育児・出産 | ベビーカーに断熱シート はコメントを受け付けていません。

三つ子用のベビーカー

双子の赤ちゃんのためのベビーカーというのはあまり目にはしませんが、実際にはいろいろと発売されています。
需要がそれほど大きいわけではないので一般的なお店で在庫として置いてあることは稀ですが、
オンラインショップなどで探せば簡単に見つけることができますね。
しかし、双子ではなく三つ子用のベビーカーとなると話は別です。
簡単に検索してみただけだと三つ子用のベビーカーというのは存在はしているけれど、ネットショップなどでもなかなか見つかりません。
それもそのはず、日本のメーカーでは三つ子用のベビーカーというのは一般には作られていないようです。
まず三つ子というのは非常に生まれる確率が低いものです。
双子の場合であればわりと見る機会も多く、それほど珍しいというわけでもありません。
2005年の調査では双子割合は2.21%、それに対して三つ子はわずか0.061%となっています。
簡単に言えば「ほとんどいない」わけです。
そうなると需要がないわけですからメーカーも作りませんよね。
ですのでもし三つ子が生まれて3つ繋がったベビーカーが必要ということになると海外から取り寄せるしかないようですね。
日本のメーカーでもオーダーメイドなんかだと対応してくれるかもしれないですね。

SponsoredLink
カテゴリー: 育児・出産 | 三つ子用のベビーカー はコメントを受け付けていません。

チャイルドシートを郵送で送る

お子さまが自動車に乗る際に使用するチャイルドシート。
使用する義務があるため購入したという方は多いかと思いますが、使用するのは幼児の間だけですので、子供が成長したら当然不要になりますよね。
処分の方法としてはいろいろとありますが、中にはオークションで売ってしまいたいという方も多いでしょう。
オークションで売った方がリサイクルショップ等で買い取ってもらうより高く売れますからね。
しかしそうなると面倒なのはどうやって郵送するのか、という点でしょう。
チャイルドシートは言うまでもなく結構なサイズになりますから郵送するのも一苦労です。
サイズも重さもあるわけですから当然送料も結構な金額になります。
もし購入した時のダンボールなどがあるならそれを使うのが良いですね。
送る際にはプチプチなどの緩衝材も使いたいですが、ホームセンターに行けば大きい物も売っています。
ダンボールについてもホームセンターやスーパーへ行けば不要な物を貰える可能性がありますね。
郵便局まで持っていくのが大変と思うかもしれませんが、電話すれば集荷に来てもらえますので安心です。
持ち込み割引がなくなりますが、100円の差ですからね。
もちろん郵送する際には壊れ物指定で送りましょう。

カテゴリー: 育児・出産 | チャイルドシートを郵送で送る はコメントを受け付けていません。

離乳食にだしはいつから入れる?

赤ちゃんがある程度育ってくると母乳やミルクからは卒業して離乳食を与えていくことになります。
離乳食を与え始める頃というのはまだ味覚もそれほど発達していないので、それほど味付けをする必要はないのですが、
いつまでもそのままというわけにもいかないので、徐々に味付けも行なっていくことになります。
例えばおかゆなんかは離乳食としてよく作るかと思いますが、その時にだしはいつから入れるべきなのか、というのもよくある疑問だと思います。
離乳食に使う調味料というのはいろいろとあり、それぞれいつから使うのが望ましいのかというのがあるものですが、だしの場合はどうでしょう。
カツオや昆布でだしを取るという場合であれば、これはいつから始めても特に問題がないと言われています。
離乳食を始めた時期でも良いとされていますが、最初は味覚も発達していないので味付けする必要はないかもしれません。
野菜などを使う時も素材の味で十分だとする人が多いようです。
ただ注意したいのは市販されているだしの素を使用するという場合ですね。
市販のだしの素の場合は塩分が多く含まれていたり旨味成分が含まれていたりするので離乳食にはふさわしくないとされていますので注意しましょう。

カテゴリー: 育児・出産 | 離乳食にだしはいつから入れる? はコメントを受け付けていません。

チャイルドシートはどこにつけるべきなのか

赤ちゃんや小さなおこさんを自動車にのせて走るなら、チャイルドシートを使用することは法律で義務付けられています。
しかし使用することは義務付けられているもののどこにつけるかまでは決められていません。
ですからチャイルドシートをどこにつけるのかは使う人の自由ということになります。
しかし、実際にどこにつけるのかによって安全性は大きく変わるとも言われています。
つける場所として考えられるのは助手席につけるのか、後部座席につけるのか、後部座席でも右か左かというのがあるかと思います。
まず、横にいたほうが目が届くということで助手席にチャイルドシートを設置する方も結構多いようです。
しかし、これは安全上問題があるので避けた方がよいと言われています。
というのも万が一事故を起こしてしまった場合にエアバッグが出ますが、それが赤ちゃんにとってはかえって危険になるからです。
となるとつける場所としては後部座席ということになります。
後部ならどちらも同じ、と思いがちですがそういうわけでもありません。
少しでも危険な確率を下げる、という考え方からすると、どちらが事故の際に危険であるかを考えましょう。
確率的には事故で危険なのは左側だと言われています。
ですからわずかな確率の違いかもしれませんが、右後方にするのが一番という意見が多いです。

カテゴリー: 育児・出産 | チャイルドシートはどこにつけるべきなのか はコメントを受け付けていません。

産後の抜け毛で頭皮が痛い?

産後の抜け毛と同時に頭皮に痛みを感じることがある、という方もいらっしゃるようですね。
女性は妊娠をして出産をすると女性ホルモンの分泌が多くなり、ホルモンバランスの変化によっていろんな体調の変化が生じます。
産後の抜け毛というのもその一つであり、女性ホルモンの変化によって起こるものの一つです。
そんな産後の抜け毛と共に頭皮に痛みを感じるという方もいるようですが、
実際には抜け毛と頭皮の痛みというのは関係ないものだと言えるでしょう。
もちろんそういったケースもあることはあるのですが、
この産後の抜け毛に関しては女性ホルモンの影響ということですから、頭皮が問題というわけではないので直接関係はない、ということになります。
ですがもし頭皮に痛みがあるということであればこれは放っておけるものではありませんよね。
頭皮に痛みが出る原因については様々なことが考えられますが、
触っただけでも痛みがあるというようであれば、神経的なものが考えられます。
特に妊娠や出産の時期というのは非常に疲れがたまりやすいのと共に、ストレスも大きいですよね。
ストレスを過剰に溜め込んでしまうことでそういった神経的な痛みが走る可能性は十分考えられますね。

カテゴリー: 育児・出産 | 産後の抜け毛で頭皮が痛い? はコメントを受け付けていません。

赤ちゃんの下痢とビオフェルミン

赤ちゃんというと健康のトラブルもいろいろと多いものですが、中でも困るのが下痢ですよね。
体調が悪くて心配になるのはもちろんですが、後始末というのもいろいろ大変ですから困りものです。
なんとかして下痢を止めたいものですが、そう思ってもなかなか改善するのが難しいものでもあります。
赤ちゃんの下痢を止める方法として、例えばビオフェルミンを飲むなんていう方法もありますよね。
ビオフェルミンは大人も飲む下痢止めのための整腸剤であり、これは赤ちゃんに飲ませることもできます。
病院に行ってお医者さんに相談した場合もビオフェルミンを処方されることが多いようです。
しかし、実際にこれが効果を発揮してくれたという意見よりも、あまり効果がなくて改善されなかったという話が多いようですね。
しかし赤ちゃんの場合だと下痢止めの薬というのは処方してくれません。
効果の強い下痢止めは腸の働きを悪くしてしまうので悪影響の出る可能性があるので処方されないようです。
ですからビオフェルミンのような整腸剤でなんとかするしかないようですね。
中にはそれでも効かなかったのでということで医者に相談したら違う薬を出してもらったという話もあるようですから、
整腸剤でダメだったらもう一度相談してみると良いかもしれませんね。

カテゴリー: 育児・出産 | 赤ちゃんの下痢とビオフェルミン はコメントを受け付けていません。

チャイルドシートの抜け出し防止

 

6歳未満の幼児を自動車に乗せる歳には
チャイルドシートを使用するのが義務となっています。

ということでチャイルドシートを使っている方は多いかと思うのですが、
実際に使用していていろいろと困ったことも起こるものです。

例えばお子さまが自分から抜け出してしまうなんていうこともあるようです。
チャイルドシートは安全のために使用するわけですから
抜け出してしまうと危険ということになります。

もちろん使用が義務化されているので
抜け出してしまうと違反ということにもなります。

ですから抜け出し防止のための対策も考えなくてはいけません。

抜け出さないように言っても相手は幼児ですから
そうそう言うことは聞いてくれませんよね。

抜け出し防止の方法についてですが、
チャイルドシートの中には抜け出し防止のためのクリップが付けられているなど
工夫がされているものもあります。

これから買おうと考えている方ならそういった商品を選ぶのも良いでしょうし、
買い換えるというのも選択肢でしょう。

タカタから発売されているものや
海外製の物だとそういった機能がついている物があるようです。

中には物でなんとかするのではなく、
わざと急ブレーキをかけるなどして本人に重要性をわからせるなんていう荒業を用いる人もいるようですね。

カテゴリー: 育児・出産 | チャイルドシートの抜け出し防止 はコメントを受け付けていません。

ベビーカーで使えるUVカットブランケット

赤ちゃんをベビーカーに乗せている時には
いろいろと気をつけないといけないことというのもありますね。

例えば紫外線というのもその一つです。
特に夏になってくると紫外線も強くなってきて、
ベビーカーに乗っている赤ちゃんにも悪影響となってしまいます。

ですからそういった時のためにUVカットのブランケットを用意しておくと良いでしょうね。
 

ベビーカーで使えるUVカットブランケットというのも発売されており、
クリップなどを用いることでベビーカーに取り付けることで
赤ちゃんを強い日差しから守ってくれます。

屋根がついているベビーカーというのも多いですが、
完全に覆えるわけではないですし、
角度によっては太陽が差し込むことも少なくありません。

それにブランケット自体はあれば
何かと役に立つわけですから持っていて損はないわけですよね。

雨風をしのいでくれたり、花粉やほこり、
熱などから大事な赤ちゃんを守ってくれます。

そしてどうせブランケットを使うのであれば紫外線対策も兼ねて
UVカットにするのが望ましいというわけですね。

UVカットのものにすることで特別価格が高くなるというわけでもないですし、
簡単に手に入るものですから持っておくと良いですね。

カテゴリー: 育児・出産 | ベビーカーで使えるUVカットブランケット はコメントを受け付けていません。