INFOBARの内蔵メモリ

最近は待ちゆく人を見ているとほとんどの人がスマートフォンを手にしていますね。
ここ数年で一気に普及したスマートフォンですが、
一口でスマートフォンと言っても機種によってデザインも機能も様々です。
例えばauから発売されているINFOBARというスマートフォンはiidaブランドからのスマートフォンということで、
他のスマートフォンとは一線を画すデザイン性を重視したスマートフォンとなっています。
INFOBARはデザイン重視ということで、スペック重視の方からすると敬遠されがちな機種ですが、
INFOBARはスペック的にもそれほど悪くないのではないでしょうか。
例えば内蔵メモリに関しては1.1GBとなっています。
この1.1GBという内蔵メモリが多いと取るか少ないと取るかは使う人次第かもしれまえんが、
同時期に発売されたauのスマートフォンのラインナップと比較すれば、
アクオスフォンと同等であり、XperiaやG’zOneの302MBよりもよっぽど優れています。
それでも内蔵メモリ1.1GBじゃあ複数のアプリを立ち上げただけでいっぱいになってしまう、という方もいるでしょう。
デザイン性を取るか操作の快適性を取るかは人それぞれですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: AUスマートフォン パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク