INFOBARのロック解除画面

KDDIの2012年春モデルとして発表されたiidaブランドのデザインケータイ『INFOBAR C01』は、
初代のINFOBARで人気だった「ICHIMATSU」と「NISHIKIGOI」のカラー展開ということで注目を集めています。
しかもこの新しいINFOBAR C01はスマートフォンには珍しくテンキーがついている端末となっています。
もちろん液晶画面を直接触れることで通常のスマートフォン同様の操作ができるのですが、
このテンキーを使って非常に便利な使い方ができます。
その一つがロック解除画面の便利さです。
このINFOBAR C01ではロック解除画面からテンキーを操作することによって、
即座にメールやカメラ、ブラウザなどを起動することができるというのが特徴となっています。
通常ロック解除画面からだといったんロックを解除してそれぞれのアプリを起動するという流れになるのですが、
ロック解除画面から直接起動できるということで、ワンステップ短い動作で操作ができるということですね。
特にカメラなどは決定的瞬間を捉えるには素早い起動が重要ですから、
ロック状態からでも素早く起動して撮影できるというのは非常に便利ですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: AUスマートフォン パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク