防草シートの虫が出るというデメリット

雑草が生えてこないための対策というといくつか考えられるのですが、
その一つとなるのが防草シートを敷いてしまうという方法ですね。
防草シートは敷くのが面倒だとは言われますが、一度敷いてしまえば10年くらいは何もしなくてもよくなるというのが大きなメリットですね。
しかし防草シートにもデメリットがないとは限りません。
防草シートのデメリットとしてよく言われるのが虫が出やすくなってしまうという点でしょう。
防草シートを敷くとシートの下に虫がすみついてしまうため敷く前よりも虫が増えてしまうという可能性があるわけですね。
これについては人によって意見が異なるところだと思いますが、やはりシートを敷く環境によるという点が大きいでしょう。
シートの透水性などによってはシートの下に水が貯まったり湿度が高くなってしまい勝ちです。そうすると多湿を好む虫が住み着く可能性があるというわけです。
しかし水が溜まらないように工夫することはできるでしょうし、対策はいろいろとできるかと思います。

砂利などをうまく使うことで虫が住みやすいというデメリットを打ち消すこともできますね。
要は設置する前には虫対策のこともよく考えてから敷いた方が良いということですね。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 季節商品(春), 防草シート タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク