転勤した場合の住宅ローン減税の手続き

住宅ローンを利用して住宅の購入をしたけれど、会社の都合で転勤しなくてはならなくなった、なんていう悲しい話もよく聞きます。
せっかくマイホームを手に入れたのに、転勤しなければいけないとなるとその家に住めなくなってしまいますよね。
住めないことも残念ですが、住宅ローンを利用していた場合住宅ローン減税のことも考えなければなりません。
住宅ローン減税はローンの契約者本人がそこに住んでいることが条件となっていますから、
転勤によって引っ越しをしたということになると住宅ローン減税を受けることができなくなってしまいます。
もし家族がその家に残るということであれば引き続き適用を受けることも可能なのですが、そうでない場合はやむを得ません。
しかし、またその住宅に再入居するということであれば、手続きをしておくことで再度控除を受けることも可能です。
注意するのは転居をする前に手続きをしておく必要があるということです。
転居をする前に会社の転任命令によって居住しなくなることの届け出を提出する必要があるのです。
この手続を行う必要があるということと、また再入居をした場合には確定申告によって再適用の申請をしなければいけないということです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク