赤ちゃんの便秘に酸化マグネシウム

子供や赤ちゃんが便秘になった際に用いられる便秘解消のための薬というのはいろいろとありますよね。
どの薬や方法が正しいのかというのはないわけですから、赤ちゃんの体に合ったものを使うのが一番ということになるでしょうね。
たくさんある便秘薬の中でも特に効果が緩やかで、体に与える悪影響の心配がないと言われているのが酸化マグネシウムです。
酸化マグネシウムは赤ちゃんの便を軟らかくしてくれる効果があるので、便秘の時に排便が良くなる効果が期待できます。
同じような効果を持っている便秘薬というのは他にもいろいろとありますが、
酸化マグネシウムはふくさ王的なものもあまりなく、水にも溶けやすいので飲みやすいという点もグッドです。
また、常習性がないということで繰り返し摂取した場合でも薬に体が慣れてしまって効果が出なくなるということもありません。
ですから長期間に渡って使い続けることができると考えられます。
ゆるやかな効果で即効性は低いですが、継続的な効果は期待できます。
注意したい点としてはあまり摂り過ぎると高マグネシウム血症になってしまうという可能性があるので、
酸化マグネシウムを飲む時には他にカルシウムを多く含む牛乳やヨーグルトといった乳製品の摂取は控えめにする必要があります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: 育児・出産 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク