親の介護が必要!同居をするタイミングは?

親の介護が必要となり、同居を検討する人も多いと思います。
私もそのように考えた一人でもあります。

父親の介護疲れにより、母親も身体を悪くし、介護が必要になり、
父親が亡くなり、母親の負担も少なくなったと思いきや、
いままでの緊張の糸が途切れたように、
母親も体調が悪くなり、介護が必要となりました。

私としては、いままでの負担がなくなれば、
母親も元気になると思っていましたが、
まさかの逆方向。

逆方向になってしまった原因としては、
父親が亡くなったという事実以外にもいくつかあります。

家族が増えるとさまざまなことが起こりますので、
本当に予測できないですね。

そして、そのような母親と同居、ということも考えるわけですが、
もちろん嫁としては、同居には反対です。

このような状態になる前から、何度かタイミングをみて
母親を家に泊まりに来させたのですが、
その2,3日はいいのですが、母親が返ってから嫁と喧嘩をすることになります。

これでは親と同居したら毎日が夫婦喧嘩の日々になります。
いままで育ててきてくれた親の面倒を少しは見たい、という反面、
家族には迷惑をかけたくないという事実。

親の同居を迷惑ととらえるか、役目ととらえるか、
本当にこの価値観は長年培ってきたものですから、
変えることは不可能です。

このように親との同居のタイミングをある程度見計らっていたのですが、
とうとう実現することはできませんでした。

最終的にさまざまなことがあり、他の兄弟のところで
同居となったのですが、その同居もなかなか大変な状態となりました。

本当に難しいことですね。

夫婦、兄弟もある程度、付き合い、生活を共にしていたとしても、
人それぞれ考え方が異なります。ましてやもういい大人なので、
価値観を変えることはできません。

少しでもベクトルが異なれば、同じ方向に向くことはありません。
幸い交わることがあっても、ほんの一瞬です。

このようなことがあるので、
平日の昼間から、インターフォンを鳴らすような人が
断っても断っても来てくれるのでしょうね。

慈善の精神、本当に素晴らしいと思います。
ただ、その本当に背景もちょっと恐ろしいですが・・・。

やはりそういうときは、お墓参りをして、
ご先祖様と向き合うことで、落ち着くことができるのだと思います。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 介護 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク