元利均等返済と住宅ローン減税

住宅ローンを組む際に、金利のタイプを選ぶことになるかと思います。
住宅ローンの金利タイプは元金均等返済と元利均等返済との二種類があるかと思います。
元金均等返済というのは毎月の返済額の中で元金の部分が固定されているため、毎月確実に元金を減らしていけるというものです。
毎月の返済額が大きくなりますが、早く完済することができ、最終的に支払う総額は少なくなります。
一方の元利均等返済の場合は元金と利息を合わせた毎月の返済額が一定金額に固定されています。
毎月の返済額がわかりやすく、かつ毎月の返済額も少なめですが、
その分元金が減りづらく最終的に支払うことになる総額は高めになります。
比較すると元金均等返済の方が経済的に良さそうに見えますが、住宅ローン減税を考えると少し変わってきます。
住宅ローン減税というのは年末時点でのローン残高に基いて控除金額が決まることになります。
ローン残高が減れば減るほど住宅ローン減税の控除額は小さくなります。
元金均等返済だと残高が減りやすいため、その分控除額も小さくなりやすいということです。
一方元利均等返済の方は残高が減りにくい分控除額も元金均等返済の場合と比べて大きくなります。
ローンの金利や所得など条件によって変わりますが、負担の差も少しは埋まるということになりますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク