住宅ローン減税は10年後に繰上げ返済しよう

マイホームの購入に際して住宅ローンの借り入れを行うという方は多いかと思います。
住宅ローンを利用して住宅の購入やリフォームを行った場合、住宅ローン減税という制度を利用することができます。
住宅ローン減税はローンの残高の1%を毎年所得税から控除できるというものです。
この控除については10年間続くわけですが当然10年後には控除もなくなるということですね。
住宅ローンを利用している方の中には返済について繰上げ返済を考えているという方もいらっしゃるかと思います。
しかし、住宅ローン減税の適用を受けているのであれば繰上げ返済は10年後に行った方が良いでしょう。
住宅ローン減税は前述のようにローンの残高の1%を控除するというものです。
つまり残高が減ればそれだけ控除の金額も減ってしまうということになります。
より多くの控除を受けるためには繰上げ返済をせずに通常の返済だけで残高を減らさない方が良いわけです。
繰上げ返済をすれば支払うことになる利息を減らすことができますが、控除のメリットの方が大きい場合もあるでしょう。
ですから10年間は資金を貯めておいて、控除がなくなる10年後にまとめて返済をしてしまった方がお得というわけですね。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク