住宅ローン減税は築年数に注意

住宅ローンでマイホームを購入して住宅ローン減税の適用を受けたいと考えているなら、
これから購入する住宅が住宅ローン減税の対象となるかどうかもきちんと確認しておく必要があります。
住宅ローン減税の対象になるのかどうかの条件として、例えば築年数というのも重要になってきます。
新築の住宅であれば言うまでもなく築年数なんて考えることはないわけですが、
中古の住宅を購入しようと考えている方は多いかと思います。
住戸住宅の場合だと住宅の安全性を考えて築年数が定められています。
購入を考えている中古住宅が耐火建築物である場合だと築年数は25年以内、
耐火建築物以外の場合は築20年以内である必要があります。
また、新耐震基準を満たすことを証明した住宅であれば、上記の年数を超えている場合でも住宅ローン減税の対象となります。
ただしその場合は新耐震基準を満たしていることを証明するために耐震基準適合証明書を提出しなければいけません。
上記の築年数を満たしている場合であれば耐震基準適合証明書は必要ありません。
また、この築年数の起算日は登記簿上で確認することができます。
古い物件の購入を検討しているという方はこの点は要注意ということになりますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク