住宅ローン減税は広さも重要

住宅の購入に際して住宅ローンを組んでいる場合、その金利負担を減らす措置である住宅ローン減税の適用を受けることができます。
ただしこの住宅ローン減税は無条件で適用されるというわけではなく、住宅ローンを利用して取得、あるいは建築する住宅の条件というのもいくつかあります。
条件として例えばその住宅の広さというのも重要になります。
住宅ローン減税が適用される住宅の広さの条件には床面積が50平方メートル以上でなければならないという決まりがあります。
ですから、住宅を購入する際、あるいは建築する際にはこの広さというのも確認しなければいけません。
また、この床面積についてなのですが、計算方法によっては50平方メートルになっていても対象外になる可能性があるので注意が必要です。
住宅ローン減税における床面積は壁の仕上がり面を基準とした計算方法による床面積となっています。
一般的な住宅のパンフレットやチラシなどに書かれている床面積というのは壁の中心部分を基準に計算した面積となっています。
ですから、パンフレットなどに記載されている床面積は仕上がり面を基準とした内法寸法よりも大きい数字になります。
60平方メートル以上などの広さなら心配ありませんが、50ギリギリの数字の場合は確認した方が良いですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク