住宅ローン減税の限度額が400万円に

平成26年の4月か消費税が増税になるというのは大きなニュースですよね。
5%の消費税が8%になるわけですから、家計の負担というのも非常に大きくなるものです。
住宅の購入を検討しているという方にとってもこの消費税増税というのは非常に大きな増税ということになってしまうわけですが、
実は消費税増税と併せて住宅購入時の負担を軽減するために住宅ローン減税の拡充も決まっています。
住宅ローン減税は平成25年の場合だと一般住宅の場合の控除限度額は200万円となっていました。
しかしこれが平成26年の住宅ローン減税拡充によって限度額が400万円まで引き上げられることになります。
200万円が400万円になるわけですからこれは非常にありがたいことですよね。
もちろん400万円はあくまで限度額ですから、借り入れしている住宅ローンがそれほど多くないということであればここまでの控除にはなりません。
住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除するというものですから、最低でも4,000万円以上の借り入れがなければ400万円の控除にはならないということですね。
また、一般的な住宅の場合だと上限はこの金額になりますが、長期優良住宅などの場合は500万円になります。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク