住宅ローン減税と贈与税非課税の併用について

住宅ローンの借り入れをして住宅を購入される方は多いかと思いますが、
住宅ローンの借り入れをするといろいろと税金というのも関係してきます。
支払う税金だけでなく、住宅ローンの利用によって優遇される税制優遇の制度ですね。
住宅ローンに関係するものというと住宅ローン減税や住宅取得資金贈与非課税といった制度があります。
住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除してもらえるというものであり、
住宅取得資金贈与非課税は通常であれば資金の贈与には贈与税がかかってくるところを、住宅購入のための資金であれば一定金額は贈与税が非課税になるというものです。
住宅ローンを利用して住宅の購入を考えているなら、この2つは併用できるのか?というのも気になるところではないでしょうか。
実は注意しなくてはいけないのが、この贈与税が非課税になる部分については住宅ローン減税は併用できないようになっています。
例えば3,000万円の住宅を購入するにあたって2,500万円の住宅ローンを組み、さらに700万円の贈与を受けたとします。
700万円の贈与に関しては住宅取得資金贈与非課税によって非課税になるわけですが、
合計金額が3,200万円となり住宅の価格よりも大きくなりますね。
この場合700万円は購入に当てられたと考えられ、残り住宅ローンからは2,300万円分の控除しか受けられないということになります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク