住宅ローン減税と繰り上げ返済のタイミング

住宅ローン減税の適用を受けている方の中には借り入れしている住宅ローンの繰り上げ返済を考えているという方もいるかもしれません。
しかし、ローンの繰り上げ返済をするということはローン残高を減らすことになります。
住宅ローン減税による控除の金額はローンの残高によって左右されますから、
繰り上げ返済をすると控除の金額も減ってしまうということになります。
早く返済してしまえばそれだけ利息の負担は減るというメリットがあるわけですからタイミングが難しいですよね。
住宅ローン減税の控除額は年末時点でのローン残高で決まりますから、
もし年末のタイミングと考えているなら年が明けてから返済した方が良いということにはなります。
しかしもちろんそれでも翌年の控除額が減ることには変わりありません。
繰り上げ返済によって減らすことができる利息の金額が、住宅ローン減税によって受けることができる控除額よりも大きくなったタイミングというのが一番ということになりますね。
非常に計算が面倒になるかとは思いますが、少しでも得したいということであれば計算してみた方が良いでしょう。
面倒だということであれば、控除の期間が終わる10年後にまとめて返済してしまえば良いですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク