不動産売却による翌年の税金について

マンションにしろ一戸建てにしろ、不動産売却をした場合というのは当然その売却したお金が入ってくるわけですよね。
しかし、不動産売却を行うとお金が入ってくるだけではないので、注意しなくてはいけません。
不動産売却にはいろんなお金が関わってきますが、特に注意しなくてはいけないのが翌年支払うことになる税金ですね。
不動産を売却したということはそれなりにまとまったお金が入ってくるということになりますよね。
そうなると所得を得たということになりますから、そこに税金がかかってくるわけです。
翌年にはその税金を支払うことになりますので、まとまったお金が入ったからとは言っても、
それを残しておかなければ翌年に税金を払うことができなくなって大変、なんていうことにもなりかねません。
課税の対象となるのは売却によって得られた金額からその不動産の取得費用と諸経費を引いた売却益ということになります。
不動産の価値が大きく下がってしまった場合など、売却をしても所得とはならなかったというケースもあるでしょう。
そういった場合はもちろん税金を払うことにはなりません。
税金が必要となる場合は所得税と住民税がかかることになりますので、払えるように準備をしておきましょう。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 不動産売却 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク