不動産売却における領収書と印紙税

不動産売却を行った際にはいろんなお金が税金としてかかってくることになりますよね。
所得税や住民税といった大きな税金というのはもちろんなのですが、
例えば領収書に添付する印紙の印紙税というのもその一つとなります。
不動産売却を行った際には領収所を発行することになりますが、そこには印紙を添付する必要があります。
印紙税というのはその名の通り税金の一つということになるのですが、これは不動産売却における経費として計算することができます。
不動産売却での売却益というのは売却価格から不動産の取得費と売却にかかった経費を差し引くことができるわけですが、
この領収書の印紙税も経費として計上できるということですから、利益から差し引くことが可能であるということですね。
ただ注意したいのは全ての領収書が印紙税の課税対象となるわけではありません。
不動産売却においてはいろんな領収書を発行することがあるかと思いますし、
それを経費として計算することになるかとは思いますが、
印紙税納付の課税対象となるのは不動産売買の契約の際に発行される領収書ということになります。
また、支払いを銀行振込にすれば領収書を発行する必要がなくなり、印紙税も不要となります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 不動産売却 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク