不動産売却における譲渡税について

マンションなどの不動産売却を行った場合には譲渡税という税金がかかってくることになります。
不動産譲渡税とも呼ばれるこの税金は不動産を売却したことによって利益が出た際にかかってくる税金ということになります。
実際には税法では「譲渡税」という名称の税金はありませんが、一般的に不動産売却をして譲渡益が出た時にかかる税金のことを譲渡税と読んでいます。
不動産を売却した際の譲渡益というのはつまり、売却したそのものの金額ということではなく、
売却した金額から、その不動産を取得した際の費用と、売却のためにかかった経費などの費用を差し引いた利益ということになります。
ですから、もし売却した際の価格よりも取得費用の方が上回ったという場合であれば、
譲渡益はないということになるので、そういったケースだと譲渡税もかからないということにありますね。
またこの譲渡所得に関しては一般的な会社からの給与などの所得とは別として考えるようになっています。
分離課税ということになるので通常の所得税や住民税とは別に課税され、その税率についても異なります。
また、売却した不動産の所有期間や、居住用であるかどうか、買い替えがあるかどうかなどによって控除の有無も異なります。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 不動産売却 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク