不動産売却とオーバーローンについて

経済的な理由で自宅やマンションの不動産売却をするというケースは多いかと思います。
しかし、中には満足いくような価格で売却できないということも多いでしょう。
特に住宅ローンを組んでマンションを購入したなどの場合に、そのローンの残債が売却価格を上回ってしまうオーバーローンというケースもあるかと思います。
不動産売却をしてなんとかお金を工面しようと思ってもオーバーローンだとローンの返済をしきれないというわけですね。
売ろうとしている不動産の価値が大きく下落してしまった場合であったり、
その不動産の購入時に自己資金が少なかったりするとオーバーローンになるケースがあります。
もし不動産売却をしてオーバーローンだった場合には残りは現金で支払うことになるわけです。
少しでもその支払を少なくしたいなら、当然不動産売却を少しでも高い金額で行う必要があるわけですね。
もし経済的に苦しい状況で住宅ローンの返済を滞納しているような状況であれば任意売却をするケースもあります。
ローンを貸している銀行からオーバーローンの場合を専門としている任意売却の業者を紹介されることもあるようです。
売却をしてもその後差額が払えないということになれば最悪自己破産なども考えられますね。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 不動産売却 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク