一括返済すると住宅ローン減税はなくなる

マイホームの購入のために住宅ローンの借り入れを行っているという方はたくさんいらっしゃるかと思います。
自己資金だけでマイホームの購入資金を貯めることができる人というのはそうそういないでしょうからね。
住宅ローンというのは通常数十年かけて返済していくものなわけですが、
もし途中でなんらかの臨時収入などがあってまとめて一括返済できるような状況になったとします。
一括返済してしまえばその後の利息は払わなくてよくなりますから、支払総額を低く抑えることができますよね。
しかし、一括返済をするなら借り入れから10年後にした方が良いケースもあります。
それは住宅ローン減税が適用されている場合ですね。
住宅ローン減税では借り入れしているローンの残高の10年間毎年1%を控除することになるわけですから、
一括返済でローンを完済してしまうと残りの年数は控除を一切受けることができなくなってしまいます。
つまり、住宅ローン減税が適用されている十年間はローンの残高を減らさない方が大きな控除を受けることができてお得だというわけです。
もちろん金利の利率であったり借り入れしている総額、所得の額などケースによってどちらがお得かは変わってきますので計算して判断しましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 住宅ローン減税 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク