ローン残債がある場合の不動産売却

住宅ローンを組んでマンション等を購入したけれど、そのローン残債がまだ残っている中で不動産売却をしたいというケースもあるかと思います。
ローン残債があると不動産売却はできないのだろうか?という疑問はよくあることでしょう。
ローン残債があると不動産売却はできないということはありません。
経済的に苦しくローンの返済ができないのでマンションなどを売ってしまってその売却して得たお金で残りのローンを払ってしまうというケースは多々あるでしょう。
しかし、売却をしてもその売却して得られたお金でローンが払いきれないというケースもあるかと思います。
そういった場合でもそこに現金をプラスして返済できるならそれでも良いでしょう。
しかしそうでなければ難しいと言えます。
ですが、今住んでいるマンションなどを売却して新しいマンションを購入したい、つまりは住み替えという場合であれば、
住み替えローン、買い替えローンといったローンを利用することで売却することは可能になります。
売却して得られたお金で元のローンを返済し、それでも残ったローン残債は新しく組む住み替えローンの中に組み込むということですね。
住み替えローンはどこの銀行でも扱っているというわけではありませんが、探せばすぐに見つかるでしょう。

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 不動産売却 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク