マンション売却の際の電気代について

自宅のマンションを売却するという場合、買主が見つかるまでの間にそこに住んだままという方と見つかる前に転居する方といるかと思います。
このうち見つかる前に転居するという方の場合だと、その間の電気代はどうするべきだろうと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
マンションを売却するということになれば、買う側の方は一度はその中を見にきますよね、いわゆる内覧というやつです。
住みながら売却をするという場合であれば心配ないのですが、すでに転居した後の内覧ということになると電気が付かないと困ることもあるでしょう。
暗いと中の様子がわかりにくいということもありますし、見た目の印象というのもあまり良くはなりませんよね。
そうなると電気の契約は解約せずにおいた方がよいのかということになりますが、そうすると当然電気代がかかります。
電気代は使っていなくても最低限かかってくる金額というのがありますし、マンションがなかなか売れないとそれもどんどん嵩んできますよね。
しかし、実はこういった場合電気会社に連絡をすれば基本料金を止めてもらうことができます。
それでも必要な時には電気を使うことができますので、内覧の際でも不便がないというわけですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: マンション売却 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク