マンション売却と価格の下落率

自宅のマンションをいつかは売却しようと考えているなら、売却する時にどのくらいの価格になっているのかというのは気になりますよね。
やはり高く売りたいというのは当然だとは思いますが、そうなると早く売らないといけないということにもなってきます。
長く住み続ければそれだけマンションの価値も落ちてくるわけですよね。
実際にどのくらいの価格になりそうかというのは下落率からおおまかな計算をすることもできます。
だいたい一般的な新築マンションの場合だと購入後最初の1年の下落率が10%で、その後は毎年3?4%程度価格が下落すると言われていますね。
そして15年程度が経過すればそれ以降はあまり価格が落ちることはないともされています。
もちろんこの下落率というのはあくまでも目安であり、必ずしもそうなるとは限りません。
もっと価値が下がる可能性もあるでしょうし、逆に価値が出てくるなんていうこともあるでしょう。
しかしイレギュラーな事情が絡んでくることは予想することもできませんから、
一般的な下落率でどのくらいになるかというのを考えておくのが良いでしょうね。
どのくらい住みたいのか、どのくらいで売却したいのかを下落率をもとに考えてみましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: マンション売却 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク