ベビーカーに断熱シート

季節によってベビーカーの中というのは非常に暑かったり、あるいは寒かったりします。
押している人はついついその事を忘れてしまうかもしれませんが、赤ちゃんは気温の変化にも敏感ですから、ちゃんと考えてあげる必要があります。
特に夏にはベビーカーは地面からの照り返しもあってかなりの暑さになってしまいます。
赤ちゃんは汗をかきやすいですし、蒸れやすくなってしまいますから対策が必要です。
一つの方法として断熱シートを利用するという方法があります。
断熱シートを使用すると外側の空気と内側の空気を断熱してくれます。
外側に熱があったとしてもそれを断熱してくれるわけですから暑くなるのを防いでくれます。
空気を断熱することができるということは役に立つのは夏だけではありません。
温かい空気を遮断できるということは、逆に冷たい空気も遮断できるということです。
ですから冬の寒い空気を遮断することもできますし、ベビーカーの内側の温かい熱を外に逃さないということにもなります。
断熱シートは市販の物というのもありますし、マッチするものがなければ自分で作ってしまうという方もいます。
保冷ジェルなどとうまく組み合わせることで暑い夏も上手に乗り切ることができますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: 育児・出産 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク