チャイルドシートはどこにつけるべきなのか

赤ちゃんや小さなおこさんを自動車にのせて走るなら、チャイルドシートを使用することは法律で義務付けられています。
しかし使用することは義務付けられているもののどこにつけるかまでは決められていません。
ですからチャイルドシートをどこにつけるのかは使う人の自由ということになります。
しかし、実際にどこにつけるのかによって安全性は大きく変わるとも言われています。
つける場所として考えられるのは助手席につけるのか、後部座席につけるのか、後部座席でも右か左かというのがあるかと思います。
まず、横にいたほうが目が届くということで助手席にチャイルドシートを設置する方も結構多いようです。
しかし、これは安全上問題があるので避けた方がよいと言われています。
というのも万が一事故を起こしてしまった場合にエアバッグが出ますが、それが赤ちゃんにとってはかえって危険になるからです。
となるとつける場所としては後部座席ということになります。
後部ならどちらも同じ、と思いがちですがそういうわけでもありません。
少しでも危険な確率を下げる、という考え方からすると、どちらが事故の際に危険であるかを考えましょう。
確率的には事故で危険なのは左側だと言われています。
ですからわずかな確率の違いかもしれませんが、右後方にするのが一番という意見が多いです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: 育児・出産 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク