クリクラの水の成分について

クリクラのウォーターサーバーは非常に水が美味しいということで人気になっていますね。
ウォーターサーバーの業者というのはたくさんありますが、クリクラが高い人気を誇っている理由の一つはそこでしょう。
しかし、水の味というのはどのようにして変わってくるのでしょうか。
味の違いが出る一つの理由はその成分にあります。
まずクリクラの水というのは基本的にその地域の一般的な水道水を使用しています。
もちろんそのままではなく、RO膜という最新技術のフィルターによって雑菌や不純物などをカットして綺麗な水にしています。
そしてクリクラではそこにミネラル成分を配合しているのです。
カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル成分を配合することによってミネラルウォーターになるわけですね。
水には軟水や硬水といった区別がありますが、クリクラの場合は軟水です。
日本では一般的に飲まれているのが軟水であり、和食にも軟水が合うとされています。
軟水か硬水かというのもやはりこのミネラルの成分によって決まります。
マグネシウムやナトリウムがどのくらいの割合で配合されているかによって変わるのですが、
クリクラではその配合が日本人の体にマッチするように作られているということですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: クリクラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサードリンク