カードローンが払えなくなったら

カードローンの利用をしている方の中には、借りたは良いものの返済が難しくなってきたという方もいるかもしれませんね。
借りたお金を返すのは当然のことなのですが、様々な事情で払えなくなってしまうということはあるものです。
では実際にカードローンの返済を払えなくなったらどうなってしまうのでしょうか。
カードローンの返済を払えなくなったらまずは業者から請求や督促がくることになるでしょう。
返済日を過ぎたらまずは電話やメール、ハガキなどで請求が来るかと思います。
その段階ですぐに返済するか、あるいはいつまでに返済できるという旨を伝えることができればその段階で止めることも可能です。
しかしもうどうしても払えなくなったら業者から内容証明郵便が届きます。
内容証明郵便では最終的な支払いの期限が書かれていますが、それでも支払えない場合は法的な手続きをするということになってしまいます。
そうなると裁判が行われることになりますが、借りたお金を返せないということですから言い訳もできませんね。
裁判が行われうと強制執行ということになり、給料や財産などの差し押さえが行われることになるでしょう。
一昔前のイメージのように家に怖い人が来て取り立てをされるということはありませんが、このように訴訟、裁判で決着を付けることになります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: カードローン パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク