カラーボックスを補強し、耐荷重強度を上げ水槽をおく?

熱帯魚を飼うには水槽が必要です。
本当に小さな水槽であれば問題ありませんが、
60cmや45cmぐらいの水槽の場合、少し水槽台に注意が必要です。

よく、60cm水槽をカラーボックスの上においている人も多いようです。

熱帯魚を飼いたいと思った時に、
水槽、フィルター、水草、魚などなど、
購入するものがたくさんありますが、
ついつい、水槽台は後回しになってしまうことが多いです。

そのような場合に、水槽台の替りに、
カラーボックスを利用してしまいます。

しかし、よくよく考えると、
水替えも頻繁にする水槽台として、カラーボックスは大丈夫なのか?
補強、耐荷重、強度などは、問題ないのだろうか・・・
と不安になってしまいます。

そこで、カラーボックスの強度を上げるために補強をしたり、
耐荷重を上げるために、カラーボックスの上に数センチの厚みのある板を引いてみたり、
カラーボックスの上に、防水対策をしたり・・・

いろいろとカラーボックスの強度を上げるための、施策はあります。

しかし・・・

やはりカラーボックスの本来の使用目的として、
水槽台としては、作成されていません。

小物をおいたり、重いものでも、本をおいたり、
重くても2,30kg程度のものでしょう。

しかし、60cmの水槽であれば、
水や砂利、上部フィルターなどを入れると、
やはり60kgぐらいの重さになります。

そうなると、いくらカラーボックスを補強しても、
安全に思える補強というのは、なかなかできないと思います。

ましてや、完全に補強などすると、時間もお金もかかります。

そこで少し考えなおすと、
そもそも、水槽台としてカラーボックスを使う、
という思考から離れて、

水槽台を購入してはいかがですか?

最近では、水槽台も安くなっており、Amazonでは、送料込で約3700円です。

GEX 水槽台 60cm水槽用組立2段台 ブラック 60cm水槽用(キャビネット) ジェックス
by カエレバ

いろいろとカラーボックスの強度を上げるため、耐荷重を増すために、
試行錯誤とお金を費やすのであれば、
単純に、水槽台を購入してはいかがですか?

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: 水槽、用具 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク