アルピナウォーターは停電時でも使用可能

アルピナウォーターのウォーターサーバーというと24時間いつでも綺麗な水を冷水や温水で飲むことができるというのが大きな魅力なわけですが、
24時間常に冷水や温水を飲むためには当然ながらずっと電源が入った状態でないといけないわけですよね。
ということは、もし停電してしまった場合はどうなるのでしょうか。
アルピナウォーターのウォーターサーバーの場合はもし停電した場合でも水を出すことは可能です。
コックの部分は電動というわけではありませんから、停電して電気が通っていなくてもタンクの中の水を出すことはできるのです。
もちろんこれは冷水でも温水でも変わりありません。
そして停電してもすぐであればまだ冷水は冷たいですし、温水も冷めるまでは温かいお湯を出すことができます。
当然時間が経てばどちらも近づいていくことになりますね。
電気がすぐに復旧すればまた冷やしたり温めたりしてそのまま継続して利用することができます。
しかし、停電してからあまり時間が経過しているようであれば、一度タンクの水は出してからその後の水を利用した方が良いでしょう。
というのもアルピナウォーターのウォーターサーバーは通電していることで雑菌を殺菌していますので、
電気が長時間通っていないと雑菌が繁殖してしまう可能性があるからです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: アルピナウォーター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサードリンク