アルピナウォーターとミネラルについて

これからアルピナウォーターのウォーターサーバーを自宅に設置しようと検討している方の中には、
料金などしか見ておらず肝心の水についてあまりよくわかっていないとい方も多いのではないでしょうか。アルピナウォーターの水がダメだというわけではなく、せっかく良い水なわけですからどういう水なのかは知っておきたいところです。
まずこういったキレイな水というと「ミネラルウォーター」と思っている方がいるかもしれませんが、
アルピナウォーターの水はミネラルウォーターではありません。
まずミネラルウォーターというのはその名の通りミネラル成分が豊富に含まれた水ということになります。
ミネラル成分というのはマグネシウムやナトリウム、カルシウムといった成分のことを指します。
これらの成分がたっぷり含まれていると健康に良いと言われているわけですね。
アルピナウォーターの場合はもともと長野県でアルプスの麓で採れた水を使用し、
その水をRO膜というごくごく小さな孔のフィルターにかけてろ過しています。
このRO膜は1万分の1ミクロンという非常に小さな孔であるため、ミネラル成分についてもろ過しています。
他の業者の場合だとここに成分を足してミネラルウォーターにしていることもありますが、
アルピナウォーターの場合はそういった成分を加えず限りなくピュアな純水として販売しています。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

No tags for this post.
カテゴリー: アルピナウォーター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサードリンク