カラーボックスを補強し、耐荷重強度を上げ水槽をおく?

熱帯魚を飼うには水槽が必要です。
本当に小さな水槽であれば問題ありませんが、
60cmや45cmぐらいの水槽の場合、少し水槽台に注意が必要です。

よく、60cm水槽をカラーボックスの上においている人も多いようです。

熱帯魚を飼いたいと思った時に、
水槽、フィルター、水草、魚などなど、
購入するものがたくさんありますが、
ついつい、水槽台は後回しになってしまうことが多いです。

そのような場合に、水槽台の替りに、
カラーボックスを利用してしまいます。

しかし、よくよく考えると、
水替えも頻繁にする水槽台として、カラーボックスは大丈夫なのか?
補強、耐荷重、強度などは、問題ないのだろうか・・・
と不安になってしまいます。

そこで、カラーボックスの強度を上げるために補強をしたり、
耐荷重を上げるために、カラーボックスの上に数センチの厚みのある板を引いてみたり、
カラーボックスの上に、防水対策をしたり・・・

いろいろとカラーボックスの強度を上げるための、施策はあります。

しかし・・・

やはりカラーボックスの本来の使用目的として、
水槽台としては、作成されていません。

小物をおいたり、重いものでも、本をおいたり、
重くても2,30kg程度のものでしょう。

しかし、60cmの水槽であれば、
水や砂利、上部フィルターなどを入れると、
やはり60kgぐらいの重さになります。

そうなると、いくらカラーボックスを補強しても、
安全に思える補強というのは、なかなかできないと思います。

ましてや、完全に補強などすると、時間もお金もかかります。

そこで少し考えなおすと、
そもそも、水槽台としてカラーボックスを使う、
という思考から離れて、

水槽台を購入してはいかがですか?

最近では、水槽台も安くなっており、Amazonでは、送料込で約3700円です。

GEX 水槽台 60cm水槽用組立2段台 ブラック 60cm水槽用(キャビネット) ジェックス
by カエレバ

いろいろとカラーボックスの強度を上げるため、耐荷重を増すために、
試行錯誤とお金を費やすのであれば、
単純に、水槽台を購入してはいかがですか?

カテゴリー: 水槽、用具 | カラーボックスを補強し、耐荷重強度を上げ水槽をおく? はコメントを受け付けていません。

60cm水槽でカラーボックスを水槽台にできるのか?

熱帯魚を飼いたいと思った場合に、
まず用意するのは、水槽が必要です。

インターネットショッピングなどで熱帯魚用の水槽を見ていると、
30cm、60cmなどの大きさの水槽が多いです。

仮に60cmの水槽を購入した場合、
そのまますぐに、水槽に水を入れ、熱帯魚を飼うことができるのでしょうか?

すぐに熱帯魚を購入するのは、少し慎重にしてください。

もちろん、熱帯魚が住める環境の水にしておく、ということも必要ですが、
それ以前に、水槽を置くための、場所や水槽台などを用意する必要があります。

60cmの水槽の場合、水、砂、フィルター類などの総重量は、最低でも60kgになります。
60kgの水槽に耐えられる台などなかなか家の中にはありません。

そこで、よくしてしまう失敗は、カラーボックスを水槽台にしてしまうことです。

カラーボックスはとても便利なものなので、
家にも幾つかあったり、余っているものなどもあるかもしれません。

しかし、そのカラーボックスの上に、最低でも60kgの重さの水槽を
奥のは、とても危険です。

熱帯魚の水槽の場合、どうしても水替えをする必要もありますし、
カラーボックスに水がかかることが多いです。

カラーボックスはほとんどが木製でしょうから、
水を吸い込むことにより、耐荷重の能力は確実に下がります。

さらに、地震大国日本ですから、震度3,4の地震なんて、いつおこっても不思議ではありません。
ここ数年の間でも、日本各地で震度5,6の地震も発生しているので、
いつ地震が起こるかわからない状態です。

そのような環境の中、やはりカラーボックスの上に水槽をおく、
という行為は、やはり危険です。

ちなみに、カラーボックスはインターネットでいくらで売られているでしょうか?
約1200円ほどで販売されているようです。
送料を入れると約1700円程度でしょうか。

カラーボックスカラボ 3段(WH) ニトリ 【送料有料・玄関先迄納品】
by カエレバ

次に、耐荷重100kgの水槽台は、アマゾンで送料込で約3700円で販売されています。

GEX 水槽台 60cm水槽用組立2段台 ブラック 60cm水槽用(キャビネット) ジェックス
by カエレバ

わずか2000円の差で、リスクを追いながら、生活することはないと思います。

熱帯魚の水槽は、ヒーターで温度を保っているので、
もし土台のカラーボックスが崩れ、ヒーターが空焚きなどになってしまったら・・・
大惨事になるかもしれません。

カテゴリー: 水槽、用具 | 60cm水槽でカラーボックスを水槽台にできるのか? はコメントを受け付けていません。

Amazonポイントを貯める、Amazonのクレジットカード最適

Amazonポイントが2015年から本格的に始まりました。
以前より、Amazonの上部にAmazonポイントの表示があり、
僅かなポイントが付いていることがあり、
Amazonにもポイントがあるのか・・・

程度の認識でしたが、
2015年より本格的にAmazonがポイント制度を導入してきました。

その大きなポイントの要因として、
Amazonマーケットプレイスに出店しているお店が
自由にAmazonポイントを設定できるようになりました。
おそらく今後、Amazonポイントをつけるお店が増えてくるでしょう。

そうすると、知らない間に、
Amazonでお買い物をすると、ポイントが貯まるようになります。

ただ、それだけではなかなかまとまったポイントはたまりません。

では、他にどのようにしてAmazonポイントを貯めるのか、というと、
楽天市場でも、ヤフーショッピングでもそうですが、
モールが発行しているクレジットカードで決済をするのが、
一番効率よくポイントを貯めることができます。

そこで、Amazonマスターカードが活躍します。
カードには定番の二種類があり、
クラシックとゴールドです。

クラシックは、Amazonでのお買い物で1.5%のポイントが、
Amazon以外でのお買い物で、1%のポイントが付きます。
そして、初年度年会費は無料で、次年度よりは年1回以上のお買い物で無料。

ゴールドは、Amazonでのお買い物で2%のポイントが、
Amazon以外でのお買い物で、1%のポイントが付きます。
そして、気になる年会費は10800円。
しかし、なんと3900円のAmazonプライムが自動付帯。
さらに、利用状況により、最大6480円の割引が可能となり、実質年間4320円。

Amazonプライムには、Amazonプライムビデオも見放題

年会費が4320円のゴールドカードというのは、
あまり存在しないので、かなりお得です。
旅行保険も最高5000万円、
国内主要空港ラウンジも利用可能。

楽天のゴールドカードは、年間費10800円なので、
すでにAmazonプライム会員の方は、
Amazonマスターゴールドカードを取得しない理由は、見当たりません。

カテゴリー: Amazonプライム会員 | Amazonポイントを貯める、Amazonのクレジットカード最適 はコメントを受け付けていません。

Amazonプライム会員の年会費を払うのは得なのか?

Amazonプライム会員になると年会費が3900円(税込)が必要となります。
その年会費が、Amazonプライム会員のサービスと比較して、
得なのか?損なのか?

という多くの方が疑問に思っていると思います。

結論として、
Amazonでお買い物をされることがある、
また、空いた時間に少し前の映画を見たい、
という条件であれば、
確実に、お得です。

それはAmazonプライム会員になると、
Amazonでお買い物をし、その商品がAmazonが発送する場合に、
お急ぎ便が無料、お届け日時指定便が無料になります。
商品によっては、当日配達してくれるものもありますし、
翌日多くは翌日配達が可能です。

それが無料になるのですから、
店頭でお買い物をすることと、あまり変わらない利便性です。
そして、多くの商品の場合、店頭よりも、Amazonの方がやすいことが多いです。

さらに、
2015年10月よりスタートした
プライム・ビデオが追加料金無しで見放題となります。
最近の映画はみれないことが多いですが、
過去の映画で見たいものがあれば、十分納得です。

そしてプライム・ビデオは、
端末にダウンロードして、後から見ることもできるので、
新幹線や車での移動で、電波状況が悪くても、
ダウンロードしておけば、いつでもスマホやタブレットで閲覧できます。

これは、本当にサービス満点です。

逆に、Amazonプライム会員にならない理由があまり見つかりません。

カテゴリー: Amazonプライム会員 | Amazonプライム会員の年会費を払うのは得なのか? はコメントを受け付けていません。

水槽のコケ取り対策にエビは必須アイテム

水槽のコケ取り対策で、まずおすすめされるのが、
エビです。

ある程度安価ですし、鑑賞用としても楽しいです。
そこで、水槽のコケ取り対策でおすすめのエビをご紹介します。

1.ヤマトヌマエビ
水槽内で飼育できるエビの中でも上部で、
身体のサイズも観賞用としては大型です。
コケを食べてくれるので、熱帯魚飼育では重宝されています。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(10匹)
by カエレバ

2.ミナミヌマエビ
ヤマトヌマエビよりも小柄なエビなので、コケ取り対策としては効果が下がります。
ただ、その分飼育量を増やせばよい、となります。

おすすめ度合いからすると、ミナミヌマエビに軍配が上がるのかもしれません。
その理由として、ミナミヌマエビは身体は小さいですが、繁殖が可能のようです。
ということは、一度うまく飼育できれば、ある程度、コケ対策が可能となりますね。

(エビ・貝)ミナミヌマエビ(5ペア)
by カエレバ

水槽のコケ取りアイテムとしてエビを飼育することは、
比較的混泳も可能なので、必須アイテムになりそうですね。

ただ、エビは糸状藻などを食べるので、
水槽のガラス面のコケを食べてくれるものではありません。

その水槽のガラス面のコケ取り対策をする場合は、
ガラス面を移動する、貝がおすすめです。

もちろん、エビと貝を混泳していれば、
コケ対策をしなくてもよい・・・というわけではありません。

その場合は、人の手でコケを除去する必要がでてきますので、
こちらの記事を参考にしてください。

カテゴリー: 掃除・メンテナンス, 熱帯魚 | 水槽のコケ取り対策にエビは必須アイテム はコメントを受け付けていません。

水槽のコケ取り対策に貝はおすすめ?

熱帯所屋さんなどにいくと、
よく水槽に貝がへばりついているのを見ます。

水槽のコケを食べてくれるので、
コケ取り対策に貝を入れているのでしょうね。

そこで、水槽のコケ取り対策におすすめの貝をご紹介します。

1.石巻貝
おすすめという面と、近所のペットショップで購入できたので、
はじめにご紹介します。

(エビ・貝)(B品)石巻貝(15匹) 本州・四国限定[生体]
by カエレバ

ガラス面を貼ってコケを食べてくれるので、
コケ取り対策にはよいと思います。
ただ、水槽のガラス面にへばりついている緑がかったコケなどは
なかなか綺麗に掃除までは時間がかかります。

2.フネアマ貝
貝の中では最強のコケ取り貝です。

(エビ・貝)フネアマ貝(4匹)
by カエレバ

石巻貝よりも水槽のガラス面に密着します。
ただ、そうはいっても、貝は貝なので、
フネアマ貝を入れたからといって、
コケ取りをしなくてよい、という訳ではありません。
あくまでも、貝であれば、補助目的になります。

3.サザエ石巻貝
サザエのように角が生えているので、
鑑賞するのが楽しそうな貝ですね。

(エビ・貝)カラーサザエ石巻貝(6匹)
by カエレバ

4.シマカノコガイ
縞模様が素敵ですね。鑑賞用によいと思います。

(エビ・貝)シマカノコ貝(10匹)
by カエレバ

番外
貝ではないですが、安価でどこでも売っているヤマトヌマエビもよいと思います。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(10匹)
by カエレバ

ただ、こちらは水槽のガラス面につくコケではなく、
糸状藻になります。水草や岩、流木などにのびるコケです。
そのようなコケ対策をする場合に、ヤマトヌマエビやミナミヌマエビを入れるとよいですね。

水槽のガラス面に貝がいるのも外観を損ねる、
という意見もありますが、
貝も見ているとかわいいものですから、
ペットとして水槽で飼うには、楽しいものですね。

カテゴリー: 掃除・メンテナンス | 水槽のコケ取り対策に貝はおすすめ? はコメントを受け付けていません。

水槽のコケ取り道具、これは素晴らしい!

水槽のコケ取り道具については、
水槽の苔を除去(手を汚さない)

でもご紹介しましたが、あまりにも素晴らしすぎたので、
もう一度紹介したいと思います。

ニッソー 浮くりーなスティック ホワイト
by カエレバ

このコケ取り道具は、本当に素晴らしいです。

発想が素晴らしいです。

熱帯魚の飼育は、予想以上に手間がかかります。
ある意味、手軽にペットが飼えるというイメージにより、
ついつい誰でも手が出しやすいものですが、
手入れが大変です。

まずは、週に1回の水換え。
もちろん、すべての水を換えるのではなく、3分の1程度ですが、
やはりそれなりに時間がかかります。

また、比較的病気にもなりやすいです。
熱帯魚ということで温度管理は必須ですが、
2,3度温度が変わるだけで、病気になることもあります。
よくあるのが白点病などですね。

このように熱帯魚を飼うといっても、
ある程度は世話をする必要があります。

そして、ふと気がついくのが、水槽のコケです。
コケは毎日少しづつ発生しますから、
気がついたころには、うっすらと緑のコケが水槽についています。

普段は水換えなどの手間があるので、
できるだけ、水槽のコケ取りには、時間をかけたくないもの。

そのような時に、
コケ取りブラシや紙のクロスで拭いて除去すると、
少し面倒な作業となり、気持ちも滅入ってしまいます。

そこで、この商品です。

ニッソー 浮くりーなスティック ホワイト
by カエレバ

磁石ですから、水槽に常備つけておくこともできますので、
水槽にコケがついていたら、
水槽の外側から、取手をずらすだけで、コケが除去できます。

なんて、すばらしいコケ取り道具なのでしょう!

ただ、中には、コケを単に水中に撒き散らかしているだけ、
という味方もありますが、
観賞用の熱帯魚ですから、できるだけ手軽にコケを除去したいときもあります。

急なお客さんがきて、
熱帯魚の水槽が、緑のコケだらけ・・・
だと、本当にがっくりしますよね。

しかし、このコケ取り道具を使えば、
水槽のコケは、数秒で無くなります。

本当に、素晴らしい道具です!

カテゴリー: 掃除・メンテナンス, 熱帯魚 | 水槽のコケ取り道具、これは素晴らしい! はコメントを受け付けていません。

水槽の苔を除去(手を汚さない)

熱帯魚を飼育していると日数が経つにつれ、
どうしても、水槽に苔が発生してしまいます。
熱帯魚は観賞用ですから、どうしても水槽の苔は邪魔になります。

そこで、水槽の苔対策として除去をする方法を探してみました。

1.苔をこすり、除去する
2.コケ取り剤にて苔を発生させないようにする
3.貝が苔を食べてくれる自然除去

今回は、1つ目の
1.苔をこすり、除去する
についてまとめてみます。

まず、この方法も2つの方法があります。
それは、布などで苔を拭い、除去する方法。
もう一つは、ブラシなどで苔をこすり水中に分散する方法。

布などで苔を拭い、除去する方法の場合は、
以下のような道具を使うとよいですね。

水作 とってもコケクロス
by カエレバ

コケクロスという紙素材のもので、
コケを拭き取ります。
ただ、クロスが消耗品となり、少し費用がかさばります。

水作 コケクロス
by カエレバ

また、この方法は、手が水槽の中に入れる可能性もありますので、
手を汚してしまいます。

次に、ブラシなどで苔をこすり水中に分散する方法。
上記のようなコケクロスのような道具のブラシでこすると、
あまり違いがありませんので、
今回は、てを汚さないでコケをこすり除去する方法です。

ニッソー 浮くりーなスティック ホワイト
by カエレバ

ブラシの中に磁石が内蔵されており、
水槽の内側に磁石内臓ブラシ、そして外側に磁石と取手。
これで、コケがついたら、磁石内臓ブラシを移動させて、コケを除去します。

水槽の外部から操作をしますので、
手は汚れません!!

これは、活気的なアイディア商品ですね^^

さらに、磁石内蔵ブラシは、浮力もあるので、
磁石が外れても、底に沈まずに、水中に浮きます。

カテゴリー: 掃除・メンテナンス, 熱帯魚 | 水槽の苔を除去(手を汚さない) はコメントを受け付けていません。

アクオスフォンと大容量バッテリー

最近はすっかり世の中にスマートフォンというものが普及しており、多くの方がスマートフォンを使っていますよね。
スマートフォンはタッチパネルや多くのアプリで非常に便利ではありますが、
従来の携帯電話と比べるとバッテリーの持続時間が短いというのがネックですよね。
外出先などで頻繁にアプリを使う人なんかだと、すぐに充電がなくなってしまって困るという方も多いでしょう。
アクオスフォンというスマートフォンの場合もやはりバッテリーの持ち時間で悩んでいる方もいるかと思います。
こういったバッテリーの問題を解決する方法の一つとして、純正のバッテリーから大容量バッテリーに交換するという方法がありますね。
大容量バッテリーというのはその名の通り初めからアクオスフォン本体に入っているバッテリーよりも容量の大きなバッテリーの事で、
通常のバッテリーよりも持続時間を伸ばすことができるわけですね。
ただバッテリーを入れ替えて使うだけでいいので簡単ですし、
充電器等を持ち歩く必要もなく長時間の使用が可能となります。
ただし注意しなくてはいけないのはアクオスフォン純正の大容量バッテリーというものはなく、
あくまで互換性のあるバッテリーということになるので、なんらかの不具合がある可能性もなくはないということです。

カテゴリー: AUスマートフォン | アクオスフォンと大容量バッテリー はコメントを受け付けていません。

アクオスフォン009SHの口コミ

スマートフォンというのはどんどん新しい機種が発売されており、
デザインや技術というのも進化していきますよね。
今使っている機種に不満はなくても、新しい機種を使いたいというのは誰もが考えるところですよね。
例えばアクオスフォン009SHというのもシャープの液晶テレビAQUOSの名前を冠した気になる機種ですね。
アクオスフォン009SHに機種変更したいと考えている方であれば気になるのは実際の使い勝手ですよね。
スペックを見ただけではわからない部分というのは口コミサイトなどを参考にするのが良いでしょう。
そういった口コミサイトで見られたアクオスフォン009SHの評判はどんなものか見てみましょう。
まず基本的にアクオスフォン009SHを使っているという方という評判はかなり低いみたいですね。
スマートフォンで非常に重要となるのがアプリの起動や動作のスピードだと思いますが、
この009SHはとにかく動作が遅いのが気になるようです。
どの口コミを見てもレスポンスの悪さが最大の問題となっているよです。
他の部分、デザインや液晶の質などに関しては上々の評価のようですが、
とにかく一番重要な使用感が悪いということで、できれば購入を検討しているなら店頭などで実機を操作してみた方が良さそうですね。

カテゴリー: AUスマートフォン | アクオスフォン009SHの口コミ はコメントを受け付けていません。