親子リレーローンの場合の住宅ローン減税について

住宅ローン減税の適用を受けることができる条件というのはいろいろとあって、自分のケースで受けることができるのかと心配な方も多いのではないでしょうか。
例えば、住宅ローンを親子リレーローンで組んでいるという場合に住宅ローン減税は適用されるのか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
親子リレーローンというのはその名の通り親子でリレーをしてローンを返済するものです。
通常住宅ローンというのは年齢制限が設けられており、完済時の年齢が一定以下でないと契約できなくなっています。
高齢の方の場合だとこの制限に引っかかることになりますが、親子リレーローンであれば、
その親子が同居することを前提として連帯債務者となって契約することで親の年齢に関係なく借り入れができるというわけです。
つまりは親が返済できなくなっても子が返済するので貸してください、というローンですね。
そしてこの親子リレーローンの場合に住宅ローン減税が適用されるのか、ということですが、
これは連帯債務となりますので、住宅の持分割合によって返済負担の割合が決まることとなります。
住宅ローンの返済負担をしている分については住宅ローン減税を受けることができるというわけですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 親子リレーローンの場合の住宅ローン減税について はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税での住民票は有効期限関係なし

住宅ローンを組んで住宅を組めば、その金利負担の軽減措置である住宅ローン減税を申告して所得税の控除を受けることができます。
一般的なサラリーマンの方の場合確定申告というのはあまりしないかもしれませんが、
住宅ローン減税の適用を受けるためには確定申告をしなければいけません。
慣れていない方だと手続きが心配ということもあるかもしれませんね。
住宅ローン減税の確定申告では必要書類の一つとして住民票があります。
住民票をもらってくること自体は別に難しいことではないですが、一応住民票には有効期限というものがありますよね。
住民票の有効期限は3ヶ月となっており、公的にはそれ以上経過するとあまり意味がなくなってしまいます。
しかし、この住宅ローン減税の確定申告においては実は有効期限はあまり関係ありません。
というのもこの控除を受けるための条件として取得した住宅に住んでいるという必要がありますので、
住民票はその転居が完了したのかどうかを確認するための書類となります。
ですから、転居したということがわかればそれでよいということで、特に有効期限というのは関係なく、
3ヶ月以上前に手に入れた住民票でも問題ないということになります。
ただもちろん転居した後の住所が確認できるものでなくてはなりません。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税での住民票は有効期限関係なし はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税は本人が住まないと受けられない

2014年の4月から住宅ローン減税が拡充されるということが決まっていますが、
これを機に住宅ローンを利用しての住宅の購入を考えているという方も多いのではないでしょうか。
しかしこの住宅ローン減税が適用されるためにはいくつかの条件がありますから、それをクリアしているかどうかは確認しておかなければいけません。
例えば、住宅ローンを組んだ本人がその住宅に住まないという場合だと住宅ローン減税を受けることはできないので注意が必要です。
ローン組んだ本人が住まないで他の人が住んだり、あるいは投資目的で購入した、賃貸として購入したという場合には控除を受けることはできないということになります。
また、購入したけれど事情があって一定期間住まないというようなケースも注意が必要です。
住宅ローン減税の条件として取得から6ヶ月以内に居住を始めるというものがあります。
ですから取得後半年間住まなかった場合、その後に住み始めたとしても控除を受けることはできません。
もし単身赴任なのでローンを組んだ本人が別のところで生活するという場合、
これは家族がその家に残って生活しているのであれば適用を受けることが可能です。
ただし国内に限り、海外への単身赴任は対象外です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税は本人が住まないと受けられない はコメントを受け付けていません。

赤ちゃんの便秘に酸化マグネシウム

子供や赤ちゃんが便秘になった際に用いられる便秘解消のための薬というのはいろいろとありますよね。
どの薬や方法が正しいのかというのはないわけですから、赤ちゃんの体に合ったものを使うのが一番ということになるでしょうね。
たくさんある便秘薬の中でも特に効果が緩やかで、体に与える悪影響の心配がないと言われているのが酸化マグネシウムです。
酸化マグネシウムは赤ちゃんの便を軟らかくしてくれる効果があるので、便秘の時に排便が良くなる効果が期待できます。
同じような効果を持っている便秘薬というのは他にもいろいろとありますが、
酸化マグネシウムはふくさ王的なものもあまりなく、水にも溶けやすいので飲みやすいという点もグッドです。
また、常習性がないということで繰り返し摂取した場合でも薬に体が慣れてしまって効果が出なくなるということもありません。
ですから長期間に渡って使い続けることができると考えられます。
ゆるやかな効果で即効性は低いですが、継続的な効果は期待できます。
注意したい点としてはあまり摂り過ぎると高マグネシウム血症になってしまうという可能性があるので、
酸化マグネシウムを飲む時には他にカルシウムを多く含む牛乳やヨーグルトといった乳製品の摂取は控えめにする必要があります。

カテゴリー: 育児・出産 | 赤ちゃんの便秘に酸化マグネシウム はコメントを受け付けていません。

双子用のチャイルドシートについて

6歳未満のお子さまが自動車に乗る際には法律でチャイルドシートを使用する必要があります。
ですから子供が生まれた時にチャイルドシートを買い求めるという方も多いかと思います。
中には生まれたのが双子というご家庭もあるでしょう。
そうなると双子用のチャイルドシートというのはあるの?ということになるかと思います。
ベビーカーなんかだとよく双子用で2つ並んでいるのを目にしますよね。
他にもいろいろと双子用グッズというのはあるものですが、
残念ながらチャイルドシートについては双子用というのはありません。
普通の自動車で2つシートを並べてなんていうのは安全性にも問題がありそうですし、
2つがセットになっていると取り付けも乗せたり降ろしたりするのも大変でしょうからね。
ですから双子のお子さまを車に乗せる場合には通常のチャイルドシートを2つ使用するということになりますね。
小さい車の場合だと入りきら無い場合がありますからサイズについてもコンパクトなものを選んだりなど注意が必要となります。
二人分のチャイルドシートが乗らないからなんていうことでシートを使用しないというのは法律違反ということになりますし、何より危険ですからやってはいけませんね。

カテゴリー: 育児・出産 | 双子用のチャイルドシートについて はコメントを受け付けていません。

チャイルドシートで赤ちゃんが泣く時の対策

チャイルドシートは6歳未満のお子さまを車に乗せて運転するなら義務とされているわけですが、
実際にチャイルドシートに小さなお子さんを乗せるとどうしても泣くので困っているという方も多いでしょう。
小さなお子さまが泣くのはやはりチャイルドシートの乗り心地が悪いということもあるでしょうし、ベルトで締め付けられて身動きが取れないということもあるでしょう。
ある程度泣くのは仕方ないこととは言え、できれば泣かないように対策をしたいところですよね。
言うまでもありませんが、どういう理由で泣く泣かないというのはお子さんそれぞれで違うわけですから、対策と言っても正解はありません。
一番大切なのはなぜ自分のお子さんが泣いてしまうのか、それを確かめることでしょうね。
動けないから泣いているのか、親が横にいないから泣いているのか、それとも座った時にどこかが痛いなどの理由があるのか、
そういった原因がわかれば対策も立てられるというものです。
多いのはやはりそういった動けない状態が我慢できないということでしょう。
多くの人がやっている対策としては赤ちゃんのお気に入りのおもちゃやぬいぐるみを持たせたり、ベルトの部分に付けてあげたりすることですね。

カテゴリー: 育児・出産 | チャイルドシートで赤ちゃんが泣く時の対策 はコメントを受け付けていません。

ベビーカーに断熱シート

季節によってベビーカーの中というのは非常に暑かったり、あるいは寒かったりします。
押している人はついついその事を忘れてしまうかもしれませんが、赤ちゃんは気温の変化にも敏感ですから、ちゃんと考えてあげる必要があります。
特に夏にはベビーカーは地面からの照り返しもあってかなりの暑さになってしまいます。
赤ちゃんは汗をかきやすいですし、蒸れやすくなってしまいますから対策が必要です。
一つの方法として断熱シートを利用するという方法があります。
断熱シートを使用すると外側の空気と内側の空気を断熱してくれます。
外側に熱があったとしてもそれを断熱してくれるわけですから暑くなるのを防いでくれます。
空気を断熱することができるということは役に立つのは夏だけではありません。
温かい空気を遮断できるということは、逆に冷たい空気も遮断できるということです。
ですから冬の寒い空気を遮断することもできますし、ベビーカーの内側の温かい熱を外に逃さないということにもなります。
断熱シートは市販の物というのもありますし、マッチするものがなければ自分で作ってしまうという方もいます。
保冷ジェルなどとうまく組み合わせることで暑い夏も上手に乗り切ることができますね。

カテゴリー: 育児・出産 | ベビーカーに断熱シート はコメントを受け付けていません。

三つ子用のベビーカー

双子の赤ちゃんのためのベビーカーというのはあまり目にはしませんが、実際にはいろいろと発売されています。
需要がそれほど大きいわけではないので一般的なお店で在庫として置いてあることは稀ですが、
オンラインショップなどで探せば簡単に見つけることができますね。
しかし、双子ではなく三つ子用のベビーカーとなると話は別です。
簡単に検索してみただけだと三つ子用のベビーカーというのは存在はしているけれど、ネットショップなどでもなかなか見つかりません。
それもそのはず、日本のメーカーでは三つ子用のベビーカーというのは一般には作られていないようです。
まず三つ子というのは非常に生まれる確率が低いものです。
双子の場合であればわりと見る機会も多く、それほど珍しいというわけでもありません。
2005年の調査では双子割合は2.21%、それに対して三つ子はわずか0.061%となっています。
簡単に言えば「ほとんどいない」わけです。
そうなると需要がないわけですからメーカーも作りませんよね。
ですのでもし三つ子が生まれて3つ繋がったベビーカーが必要ということになると海外から取り寄せるしかないようですね。
日本のメーカーでもオーダーメイドなんかだと対応してくれるかもしれないですね。

カテゴリー: 育児・出産 | 三つ子用のベビーカー はコメントを受け付けていません。

チャイルドシートを郵送で送る

お子さまが自動車に乗る際に使用するチャイルドシート。
使用する義務があるため購入したという方は多いかと思いますが、使用するのは幼児の間だけですので、子供が成長したら当然不要になりますよね。
処分の方法としてはいろいろとありますが、中にはオークションで売ってしまいたいという方も多いでしょう。
オークションで売った方がリサイクルショップ等で買い取ってもらうより高く売れますからね。
しかしそうなると面倒なのはどうやって郵送するのか、という点でしょう。
チャイルドシートは言うまでもなく結構なサイズになりますから郵送するのも一苦労です。
サイズも重さもあるわけですから当然送料も結構な金額になります。
もし購入した時のダンボールなどがあるならそれを使うのが良いですね。
送る際にはプチプチなどの緩衝材も使いたいですが、ホームセンターに行けば大きい物も売っています。
ダンボールについてもホームセンターやスーパーへ行けば不要な物を貰える可能性がありますね。
郵便局まで持っていくのが大変と思うかもしれませんが、電話すれば集荷に来てもらえますので安心です。
持ち込み割引がなくなりますが、100円の差ですからね。
もちろん郵送する際には壊れ物指定で送りましょう。

カテゴリー: 育児・出産 | チャイルドシートを郵送で送る はコメントを受け付けていません。

離乳食にだしはいつから入れる?

赤ちゃんがある程度育ってくると母乳やミルクからは卒業して離乳食を与えていくことになります。
離乳食を与え始める頃というのはまだ味覚もそれほど発達していないので、それほど味付けをする必要はないのですが、
いつまでもそのままというわけにもいかないので、徐々に味付けも行なっていくことになります。
例えばおかゆなんかは離乳食としてよく作るかと思いますが、その時にだしはいつから入れるべきなのか、というのもよくある疑問だと思います。
離乳食に使う調味料というのはいろいろとあり、それぞれいつから使うのが望ましいのかというのがあるものですが、だしの場合はどうでしょう。
カツオや昆布でだしを取るという場合であれば、これはいつから始めても特に問題がないと言われています。
離乳食を始めた時期でも良いとされていますが、最初は味覚も発達していないので味付けする必要はないかもしれません。
野菜などを使う時も素材の味で十分だとする人が多いようです。
ただ注意したいのは市販されているだしの素を使用するという場合ですね。
市販のだしの素の場合は塩分が多く含まれていたり旨味成分が含まれていたりするので離乳食にはふさわしくないとされていますので注意しましょう。

カテゴリー: 育児・出産 | 離乳食にだしはいつから入れる? はコメントを受け付けていません。