ポケモンGO でダイエット、散歩で生活習慣を改善

ポケモンGOは、自宅で座りながらのんびりと行うゲームではありません。
ポケモンGOは、移動しないとレベルアップができない
体育会系ゲームです!

基本的にポケモンGOは、
各地のポケスポット、ジムなど現実世界に配置されているスポットまで
わざわざプレイヤーが出向かないとレベルアップできないのです。

これは、とても面倒なことですが、
ポケモンGOをプレイする以上は、この壁を打ち破らないといけません。

それであれば、この体育会系ゲームであるポケモンGOを
もっとプラス思考でとらえましょう。

たとえば、健康を維持するには、1日1万歩。
という目標があります。

ポケモンGOをプレイした25日からなんと、
1万歩を超える日が増加しています。

Screenshot_2016-07-25-11-43-21

なぜ、このように1万歩も歩いてしまうのかというと、
やはり、ポケモンGOのゲームの特徴です。

ポケモンを見つけるには、外に出歩かないといけません。
また、アイテムがもらえるポケスポットは5分後に行けば、
新たにアイテムがもらえるので、ついついそこまで歩いてしまう。

そして、もう一つ特徴があり、
ポケモンは、捕まえるだけでなく、
ポケストップでもらえるポケモンの卵を付加することで、
レアなポケモンを獲得することができます。

その卵を孵化させるには・・・
歩かないといけないのです。

Screenshot_2016-07-25-11-32-32

このように孵化カプセルを使って
卵により、2キロ、5キロ、10キロなど種類がありますが、
卵を孵化させる必要があります。

ということは、歩かないとポケモンGOは面白くないのです。

ポケモンGOを楽しみながら、
1日1万歩でダイエット、健康促進、生活習慣も改善しましょう!

カテゴリー: ポケモンGO | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , | ポケモンGO でダイエット、散歩で生活習慣を改善 はコメントを受け付けていません。

ポケモンGO 田舎のメリットとデメリット

ポケモンGOは都会と田舎とでは、出現するポケモン、ポケスポット、ジムに
かなり差があります。

都会では、ポケモン、ポケスポット、ジムが大量に出現するのに対し、
田舎では、本当に、ポケモンがいるのか・・・というぐらい、
本当に少ないです。

ポケモンGOをプレイするにあたり、
田舎に住んでいる人は、本当にかわいそうに思います。
これが、デメリットです。

しかし、
ポケモン、ポケスポット、ジムが少ないということは、
実は、ポケモンGOをプレイしている人口も少ないということです。

ポケモンGOをプレイするのにおそらく一番大事なことは、
ジムで以下にプレイできるかだと思います。

田舎でもジムは存在します。皆無ではありません。
また、田舎のジムですからポケモンGOをプレイしている人も
やはり少ない。

たとえば以下のジムであれば、ポケモンの強さを表すCPが

224

Screenshot_2016-07-25-08-42-08

都会であれば、1000は余裕で超えるジムばかりなので、
このCPの低さこそが、田舎ポケモンGOの最大のメリットでしょう。

カテゴリー: ポケモンGO | タグ: , , , , , , , , , , , , | ポケモンGO 田舎のメリットとデメリット はコメントを受け付けていません。

ポケモンGOで歩かないでポケモンゲットする方法

ポケモンGOの基本的な遊び方は、
野外を歩き回り、ポケモン、モンスターボールを獲得しないといけません。

しかし、日差しの強い夏の日に、
野外を歩き回るととても体力を消耗しますし、
熱中症になることもあります。

雪の降るような寒い日なんて、
スマホ片手に歩くのは大変ですし、
雪が積もっていたり、路面が凍結していたら、
ポケモンどころではありません。

なぜ、ポケモンGOでは、スマホ片手に歩かないといけないのかというと、
スマホのGPS機能を使って、ゲームを遂行するからです。
注意する点は、歩いたり、走ったりする速度以上になると、
OPSが反応せずに、ポケモンGOもうまく操作することができません。

それならば、スマホのGPS機能が自分が歩かないでも、
歩くような、小走りのような状態にできないものか・・・

よく自動車や自転車などでポケモンGOをするような方法もありますが、
これは、とても危険ですし、一人では行えません。

一番安全な方法で、人間が歩いたり、走ったりするような速度で
ポケモンGOをプレイするには、町中の公共のバスがちょうどよいです。

a0001_015596

例えば市バスなどであれば、
パス亭の区間も短く、信号待ちもあり、渋滞などの可能性もあります。

普段であれば、このような条件は歓迎するべきではないのですが、
ポケモンGOをするには、とってもよい条件となります。

また、市バスなどは最短距離を動くのではなく、
できるだけ多くの乗客を乗せるためにいろんなところを回ります。

乗車金額も市街地などを巡回するバスは、一律200円など、

割安な場合が多いです。
※高齢者であれば、無料の地域もありますね。

a0001_017032

 

また、バスはそのような巡回方法をするので、

ポケストップもある程度、効率よく出現します。

もし、通勤、通学でこのようなバスを乗車するのであれば、
毎日バスの中で安全に、ポケモンやモンスターボールがある一定の量を取得できますね。

観光地などに出向いた場合でも観光用の巡回バスなどがあり、
全国各地でポケモンをゲットできますね。

a0960_001746

 

注意点としては、
まずはマナーを守る(優先座席)ことは言うまでもないですが、
椅子に座れないと片手スマホで不安定になるので、
必ず椅子に座れるときに行いましょう。

また、バスのアナウンスで万が一「ポケモンGOは控えましょう」という事態になれば、
このバスを使った歩かないでポケモンGOをする方法は使わないようにしましょう。

カテゴリー: ポケモンGO | タグ: , , , , , , , , | ポケモンGOで歩かないでポケモンゲットする方法 はコメントを受け付けていません。

ポケモンGOのスマホバッテリーの充電に

ポケモンGOを野外でしていると、
すぐにスマホのバッテリーがなくなってしまいます。

室内であれば、コンセントをつないで、
ゲームを継続できますが、
ポケモンGOは基本的に野外でプレーをするゲームですから、
コンセントは使えません。

そこで、
スマホのバッテリーを充電する方法としては、
以下の二つがあります。

1.モバイルバッテリーを利用する。
2.太陽光発電でバッテリーを充電する。

1つ目のモバイルバッテリーですが、
以下のように、数千円で販売されています。

最近もモバイルバッテリーは大容量となっていますので、
1つ持ち合わせておくとよいと思います。

2.太陽光発電でバッテリーを充電する。

まさか屋根の上に取り付けている太陽光発電では、ありません。
たとえば、リュックにつけて歩きながら太陽光で発電し、
スマホバッテリーに充電します。

モバイルバッテリーはスマホに充電はできますが、
充電がなくなるとただの荷物になります。

しかし、ソーラーチャージャーを持っていれば、
直接スマホの充電をしてもよいですし、

スマホに充電を終えた空のモバイルバッテリーを
ポケモンGOをしている間に、充電するのもよいです。

マクドナルドなどに駆け込み、充電を・・・と
思っているポケモントレーナーはたくさんいます。

上記の2つを所持していれば、
いつでもポケモンGOが楽しめます。

ポケモンGOはとてもスマホのバッテリーを消費しますので、
ある意味、この二つの機材は必要必需品になるでしょう。

カテゴリー: ポケモンGO | タグ: , , , | ポケモンGOのスマホバッテリーの充電に はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税と繰り上げ返済のタイミング

住宅ローン減税の適用を受けている方の中には借り入れしている住宅ローンの繰り上げ返済を考えているという方もいるかもしれません。
しかし、ローンの繰り上げ返済をするということはローン残高を減らすことになります。
住宅ローン減税による控除の金額はローンの残高によって左右されますから、
繰り上げ返済をすると控除の金額も減ってしまうということになります。
早く返済してしまえばそれだけ利息の負担は減るというメリットがあるわけですからタイミングが難しいですよね。
住宅ローン減税の控除額は年末時点でのローン残高で決まりますから、
もし年末のタイミングと考えているなら年が明けてから返済した方が良いということにはなります。
しかしもちろんそれでも翌年の控除額が減ることには変わりありません。
繰り上げ返済によって減らすことができる利息の金額が、住宅ローン減税によって受けることができる控除額よりも大きくなったタイミングというのが一番ということになりますね。
非常に計算が面倒になるかとは思いますが、少しでも得したいということであれば計算してみた方が良いでしょう。
面倒だということであれば、控除の期間が終わる10年後にまとめて返済してしまえば良いですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税と繰り上げ返済のタイミング はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税は居住年によって変わる

住宅ローンの借り入れをして住宅の購入や建築、あるいはリフォームなどを行った場合に、
一定の条件を満たしていれば住宅ローン減税の適用を受けることができるというのはご存知でしょうか。
この住宅ローン減税では借り入れしている住宅ローンのローン残高の1%が10年間に渡って所得税から控除されることになるため、最大で数百万円の節税になります。
この住宅ローン減税の適用を受けるにあたって注意したいのは適用居住年についてです。
適用居住年というのはどのタイミングで居住をしたかによって適用される控除額の限度額が変わってきます。
居住年が平成25年の場合であれば借り入れ額の上限は2,000万円で年間の控除限度額は20万円、10年間の最大控除額は200万円ということになっています。
これは一般の住宅の場合であり、長期優良住宅や低炭素住宅の場合であれば借り入れの上限金額は3,000万円、年間30万円が限度で最大は300万円となります。
そして重要なのは居住年が平成26年の4月からはこの上限金額が引き上げになるということです。
これは消費税増税による負担の軽減のための措置となっているのですが、
一般の住宅で借り入れの最大金額が4,000万円、年間の上限が40万円、最大控除が400万円、
長期優良住宅などでは借り入れの最大が5,000万円、年間50万円の最大500万円という数字になります。
3月までと4月からでこのように大きな差が生まれるということです。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税は居住年によって変わる はコメントを受け付けていません。

海外赴任中の住宅ローン減税はどうなる

住宅ローンを利用してせっかくマイホームを購入したのに、転勤で海外赴任命じられてしまった、なんていう悲しいお話もたまに耳にしたりするものです。
せっかくマイホームを買ったのにそこで生活できないというのは残念ですが会社の命令とあっては仕方のないところでしょう。
しかしそこで気になるのは住宅ローン減税はどうなるのか?ということです。
住宅ローン減税というのはその適用条件の一つとしてローンを契約している人がその住宅に居住しているという条件があります。
つまりもし海外転勤で単身赴任ということになれば居住していないので適用されないのでは?ということです。
これについて、本人が居住していなくても住宅ローン減税の適用が認められるケースとして国内転勤の単身赴任というものがあります。
国内での単身赴任で家族がその住居に残っている場合は住宅ローン減税の適用を受けることが可能です。
しかし海外赴任となると話は変わってきます。
海外赴任の場合、その人は国内に居住していない非居住者という扱いになってしまいます。
そうなると家族が住宅に残って生活をしていたとしても、国内での単身赴任の場合とは異なって控除の対象とはならないのです。
海外赴任から戻ってまた暮らし始めれば適用を再開することは可能です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 海外赴任中の住宅ローン減税はどうなる はコメントを受け付けていません。

一括返済すると住宅ローン減税はなくなる

マイホームの購入のために住宅ローンの借り入れを行っているという方はたくさんいらっしゃるかと思います。
自己資金だけでマイホームの購入資金を貯めることができる人というのはそうそういないでしょうからね。
住宅ローンというのは通常数十年かけて返済していくものなわけですが、
もし途中でなんらかの臨時収入などがあってまとめて一括返済できるような状況になったとします。
一括返済してしまえばその後の利息は払わなくてよくなりますから、支払総額を低く抑えることができますよね。
しかし、一括返済をするなら借り入れから10年後にした方が良いケースもあります。
それは住宅ローン減税が適用されている場合ですね。
住宅ローン減税では借り入れしているローンの残高の10年間毎年1%を控除することになるわけですから、
一括返済でローンを完済してしまうと残りの年数は控除を一切受けることができなくなってしまいます。
つまり、住宅ローン減税が適用されている十年間はローンの残高を減らさない方が大きな控除を受けることができてお得だというわけです。
もちろん金利の利率であったり借り入れしている総額、所得の額などケースによってどちらがお得かは変わってきますので計算して判断しましょう。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 一括返済すると住宅ローン減税はなくなる はコメントを受け付けていません。

2014年以降の住宅ローン減税のメリット

これから新築のマイホームの購入を検討している方も多いかと思います。
しかし新築の物件ということになると消費税は大きな問題ですよね。
2014年の4月から消費税は8%に増税になるということで高額な不動産の購入に関しては非常に大きな差となって現れますよね。
しかし、実は2014年の新築物件の購入に関しては消費税が8%になるというデメリットだけでなくメリットになる部分もあります。
というのも消費税増税による負担軽減のために同時に4月からは住宅ローン減税が拡大されるのです。
住宅ローン減税は住宅ローンを利用して住宅の購入をした場合にそのローン残高の1%が所得税から控除されるという制度で。
そしてこの住宅ローン減税が2014年4月からその上限金額の引き上げとなるのです。
この上限金額の引き上げによって消費税増税でマイナスとなった分を所得税の還付というメリットによって相殺してくれるというわけですね。
ただ上限金額の引き上げということですから、もともと上限に達しないようなケースの場合はあまりプラスにならないということもあります。
ローンの借り入れ金額や年収によって変わってきますので、ケースバイケースで計算して判断したいですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 2014年以降の住宅ローン減税のメリット はコメントを受け付けていません。

ペアローンで住宅ローン減税がお得に

住宅ローン減税は2014年4月からの消費税の増税に併せて拡大されることが決まっており、
平成2013年には一般の住宅で控除の上限金額が200万円だったのが400万円に、
長期優良住宅の場合は上限金額300万円だったのが500万円に増額されることとなています。
このように上限金額が高くなる住宅ローン減税ですが、この減税制度の恩恵を最大限に受けるための方法の一つとしてペアローンを利用するというものがあります。
ペアローンというのは通常一人で契約する住宅ローンを夫婦ふたりで借り入れするというものです。
ペアローンで借り入れをすることによって借り入れの金額はそれぞれに割り振られることになるのですが、
そうなると住宅ローン減税の控除の上限金額についてもそれぞれに適用されることになります。
つまり、一人で住宅ローンを借り入れした場合だと最大でも500万円が上限になるわけですが、
それをペアローンで二人に分けて借り入れするとそれぞれに上限金額500万円が設けられるため、合計で最大1,000万円の控除が可能になるということです。
もちろん、実際にそこまでの控除を受けるには相当な借り入れになりますから、そこまでいくことはあまりないでしょうが、
400万円や500万円といた上限を少し超えるくらいの借り入れの場合はペアローンにした方がお得かもしれないということですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | ペアローンで住宅ローン減税がお得に はコメントを受け付けていません。