無収入では住宅ローン減税は受けられない

住宅ローンを組んで住宅の購入やリフォームを行った場合、一定の条件をクリアしていれば住宅ローン減税を受けることができますよね。
高額な住宅ローンとその利息の支払いをしていく中でこの住宅ローン減税という制度は非常にあらいがたい減税となります。
この住宅ローン減税というのはローン残高の1%を所得税から控除するというものなわけですが、
当然のことながら所得がなければ所得税もないので無収入の方の場合この減税による恩恵というのはなくなってしまいます。
例えば住宅ローンを組んだけれどその後なんらかの理由で会社を退職して無収入になってしまったという場合、
あるいは産休や育児休暇などでも一時的に無収入になるというケースはあるでしょう。
そうなると所得もなくなり控除する所得税もなくなるわけですから控除による恩恵もなくまるまる損してしまうということになりますね。
住宅ローンの借り入れをして返済中に自ら仕事を辞めてしまうという方はそうそういないかとは思いますが、
こんなご時世ですから何があるかはわからないものです。
万が一住宅ローンの借り入れ中に無収入になってしまうようなことがあれば住宅ローン減税もなくなるということは覚えておきましょう。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 無収入では住宅ローン減税は受けられない はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税の変遷

2014年の4月から消費税が増税になるというのはもうみなさん知っての通りかと思います。
増税ということですから負担がますのでなにかと大変なわけですが、
その反対にこの増税の負担を減らすための措置として住宅ローン減税の拡充というのも決まっています。
2014年から住宅ローン減税は2013年の控除の上限金額よりもプラス200万円の上限金額になるなど、住宅ローンを利用しての住宅の購入を考えている方にとってはありがたい措置となります。
この住宅ローン減税というのはこのようにその限度額などがその年ごとに変遷があります。
過去の変遷を知ることでこれからの住宅税制というのも見えてくるかもしれませんね。
住宅ローン減税の変遷ですが最初に始まったのは1999年です。
当時のローン残高の上限は5,000万円であり、控除期間によって控除率というのは変化していました。
その後2005年には上限が4,000万円に、2006年に3,000万円、2007年に2,000万円とどんどんローン残高の上限金額が下がっていったのです。
これは景気が回復傾向にあったということで住宅も買いやすくなったので減税が縮小されていったということですね。
その後2009年にはまた5,000万円になり、2013年までにまた縮小して2,000万円にまで下がっていたという流れですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税の変遷 はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税の夫婦合算について

住宅ローンを組む際というのは審査に通る必要があり、その審査の項目としては収入というのも重要になりますよね。
夫一人の収入だけでは審査に通ることができないので共働きで夫婦合算というケースも多いのではないでyそうか。
夫婦合算することで無事住宅ローンを希望の金額で借りることができたという方もいるでしょう。
さてその夫婦合算によって住宅ローンを借りているという方も、住宅ローン減税の所得税控除を受けることができます。
住宅ローン減税では住宅ローンの残高の1%を控除することができるわけですが、その金額には上限があります。
夫婦合算で住宅ローンを借りている場合、そのローンをどのくらいの割合で契約しているのかによってそれぞれの控除金額も変わってきます。
仮に夫一人で住宅ローンを借りていたという場合、当然夫の収入からしか控除することはできませんし、
控除金額が上限に達してしまった場合、いくら残高があってもそれ以上の控除はありません。
しかし、夫婦でローンを半々などにしていた場合、それぞれが控除を受けることができますし、
半々にしても上限金額は変わらないので、二人ともが残高の1%を控除することができてお得になるというケースもあります。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税の夫婦合算について はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税を利用するなら納税額を把握しよう

住宅ローンの借り入れをして住宅の購入をし、住宅ローン減税の申請をしようと考えている場合、
確定申告によって申請をすることになるわけですが、その時に自分の納税額がいくらなのかは把握しておく必要があります。
住宅ローン減税というのはローン残高の1%を所得税から控除するわけですが、
実際にいくら控除されるかというのは納税額によって変わってきます。
仮に住宅ローンの残高の1%の金額が自分の納税額より大きい金額だった場合、所得税からは控除しきれないということになりますよね。
こうなった場合はどうなってしまうのでしょうか?
納税額よりも控除額が上回ってしまった場合はそれ以上控除されないということはありません。
この場合は所得税からだけでなく住民税からも控除できるようになっています。
ただし住民税の納税額というのも人によって異なるかとは思いますが、住民税から控除できる金額には上限金額が設定されていますのでそれ以上は控除できません。
ではさらに住民税からも控除しきれないという場合はどうなるか?
平成26年以降は受託ローン減税の限度額がアップすることが決まっておりこういうケースもあり得るということで、
控除しきれない場合は給付金という形で返ってくるということになりそうです。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税を利用するなら納税額を把握しよう はコメントを受け付けていません。

独身の方の住宅ローン減税

マイホームを購入するのは何も家族がいる方だけとは限りませんよね。
独身の方の場合であっても住宅の購入をされる方というのはたくさんいらっしゃることでしょう。
住宅の購入の際に住宅ローンを利用される方も多いかと思いますが、
住宅ローンの借り入れをして住宅を購入した場合、住宅ローン減税という減税制度を利用して所得税の控除を受けることができます。
そしてこの住宅ローン減税では独身の方と結婚している方とでは恩恵の差が出てくることになります。
実際に独身だからといって控除の額が大きくなるとかそういう話ではないのですが、
独り身の場合だと配偶者控除のような控除を受けることができない分、結婚している方と比べると所得税を多く支払っているケースが多いです。
平均的な数字を見てもたしかに独身の方の方が結婚している方よりも多くの所得税を払っています。
そういうことを考えると、住宅ローン減税というのは所得税を多く払っている方にとっては非常にありがたい減税制度ということになりますね。
住宅ローンの残高によっては所得税の支払いが少ないと控除しきれないというケースもあります。
所得税をたくさん払っていればそんな心配(?)もする必要ないということですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 独身の方の住宅ローン減税 はコメントを受け付けていません。

転勤した場合の住宅ローン減税の手続き

住宅ローンを利用して住宅の購入をしたけれど、会社の都合で転勤しなくてはならなくなった、なんていう悲しい話もよく聞きます。
せっかくマイホームを手に入れたのに、転勤しなければいけないとなるとその家に住めなくなってしまいますよね。
住めないことも残念ですが、住宅ローンを利用していた場合住宅ローン減税のことも考えなければなりません。
住宅ローン減税はローンの契約者本人がそこに住んでいることが条件となっていますから、
転勤によって引っ越しをしたということになると住宅ローン減税を受けることができなくなってしまいます。
もし家族がその家に残るということであれば引き続き適用を受けることも可能なのですが、そうでない場合はやむを得ません。
しかし、またその住宅に再入居するということであれば、手続きをしておくことで再度控除を受けることも可能です。
注意するのは転居をする前に手続きをしておく必要があるということです。
転居をする前に会社の転任命令によって居住しなくなることの届け出を提出する必要があるのです。
この手続を行う必要があるということと、また再入居をした場合には確定申告によって再適用の申請をしなければいけないということです。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 転勤した場合の住宅ローン減税の手続き はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税は築年数に注意

住宅ローンでマイホームを購入して住宅ローン減税の適用を受けたいと考えているなら、
これから購入する住宅が住宅ローン減税の対象となるかどうかもきちんと確認しておく必要があります。
住宅ローン減税の対象になるのかどうかの条件として、例えば築年数というのも重要になってきます。
新築の住宅であれば言うまでもなく築年数なんて考えることはないわけですが、
中古の住宅を購入しようと考えている方は多いかと思います。
住戸住宅の場合だと住宅の安全性を考えて築年数が定められています。
購入を考えている中古住宅が耐火建築物である場合だと築年数は25年以内、
耐火建築物以外の場合は築20年以内である必要があります。
また、新耐震基準を満たすことを証明した住宅であれば、上記の年数を超えている場合でも住宅ローン減税の対象となります。
ただしその場合は新耐震基準を満たしていることを証明するために耐震基準適合証明書を提出しなければいけません。
上記の築年数を満たしている場合であれば耐震基準適合証明書は必要ありません。
また、この築年数の起算日は登記簿上で確認することができます。
古い物件の購入を検討しているという方はこの点は要注意ということになりますね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税は築年数に注意 はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税と贈与税非課税の併用について

住宅ローンの借り入れをして住宅を購入される方は多いかと思いますが、
住宅ローンの借り入れをするといろいろと税金というのも関係してきます。
支払う税金だけでなく、住宅ローンの利用によって優遇される税制優遇の制度ですね。
住宅ローンに関係するものというと住宅ローン減税や住宅取得資金贈与非課税といった制度があります。
住宅ローン減税はローン残高の1%を所得税から控除してもらえるというものであり、
住宅取得資金贈与非課税は通常であれば資金の贈与には贈与税がかかってくるところを、住宅購入のための資金であれば一定金額は贈与税が非課税になるというものです。
住宅ローンを利用して住宅の購入を考えているなら、この2つは併用できるのか?というのも気になるところではないでしょうか。
実は注意しなくてはいけないのが、この贈与税が非課税になる部分については住宅ローン減税は併用できないようになっています。
例えば3,000万円の住宅を購入するにあたって2,500万円の住宅ローンを組み、さらに700万円の贈与を受けたとします。
700万円の贈与に関しては住宅取得資金贈与非課税によって非課税になるわけですが、
合計金額が3,200万円となり住宅の価格よりも大きくなりますね。
この場合700万円は購入に当てられたと考えられ、残り住宅ローンからは2,300万円分の控除しか受けられないということになります。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税と贈与税非課税の併用について はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税は遡及できる?

住宅ローンを利用して住宅の購入やリフォームを行った場合、確定申告で住宅ローン減税を申告して所得税の控除を受けることができます。
住宅ローン減税は借り入れしている住宅ローンの残高の1%を翌年の所得税から控除するという制度なのですが、
10年間控除が続くため最大では500万円にもなるという非常に大きな減税措置となります。
ですから住宅ローンを組んで住宅の購入をした人は忘れず申告しておきたいものです。
しかし中にはうっかり忘れていた、なんていう方もいるかもしれません。
そうなった場合遡及して控除を受けることはできないのか?と考える方も多いでしょう。
実は住宅ローン減税は遡及して控除を受けることが可能となっています。
遡及して控除を受けることができるのは5年間となっていますから、初年度から5年以内であれば忘れていたという人も申告すれば適用を受けて控除が受けられます。
しかし、これはあくまでもサラリーマンの方のケースとなります。
サラリーマンではなく個人事業主として働いている方の場合だと毎年確定申告をすることになりますから、
遡及できるのは1年間となります。
ですから個人事業主の方は毎年忘れずに確定申告で控除の申請をしましょう。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 住宅ローン減税は遡及できる? はコメントを受け付けていません。

親子リレーローンの場合の住宅ローン減税について

住宅ローン減税の適用を受けることができる条件というのはいろいろとあって、自分のケースで受けることができるのかと心配な方も多いのではないでしょうか。
例えば、住宅ローンを親子リレーローンで組んでいるという場合に住宅ローン減税は適用されるのか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
親子リレーローンというのはその名の通り親子でリレーをしてローンを返済するものです。
通常住宅ローンというのは年齢制限が設けられており、完済時の年齢が一定以下でないと契約できなくなっています。
高齢の方の場合だとこの制限に引っかかることになりますが、親子リレーローンであれば、
その親子が同居することを前提として連帯債務者となって契約することで親の年齢に関係なく借り入れができるというわけです。
つまりは親が返済できなくなっても子が返済するので貸してください、というローンですね。
そしてこの親子リレーローンの場合に住宅ローン減税が適用されるのか、ということですが、
これは連帯債務となりますので、住宅の持分割合によって返済負担の割合が決まることとなります。
住宅ローンの返済負担をしている分については住宅ローン減税を受けることができるというわけですね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , | 親子リレーローンの場合の住宅ローン減税について はコメントを受け付けていません。